« 長野県中部・1983年の豪雨災害 | トップページ | 7/18~19豪雨災害 資料2点 »

2006年7月20日 (木)

7/18~19豪雨災害の概要

2006年7月15日頃から,梅雨前線が中国,北陸,中部地方付近に停滞し,断続的に豪雨をもたらした.24時間降水量のAMeDAS観測開始以降最大値 (統計期間20年以上)が記録されるようになったのは18日以降(同日は3カ所)であった.19日に24時間降水量最大値を更新したAMeDAS観測所は長野県 を中心に11ヶ所(1時間降水量更新は同日無し)となった.18日から19日にかけて,島根,福井,長野などで,主に土砂災害による人的被害や家屋の損壊 が発生した.20日08時の消防庁資料によると,この災害による死者・不明者は全国で20名となっている.最も被害が多かったのは長野県で,11名が死亡または行方不明,床上浸水1043棟などとなっている.長野県で直接的に豪雨災害 によって10名以上の被害が生じたのは1981年以来のことであり,浸水被害も1981年8月,1983年9月の事例に匹敵する規模になるものと思われる.

http://www.disaster-i.net/disaster/20060719/

|

« 長野県中部・1983年の豪雨災害 | トップページ | 7/18~19豪雨災害 資料2点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179710/11017939

この記事へのトラックバック一覧です: 7/18~19豪雨災害の概要:

« 長野県中部・1983年の豪雨災害 | トップページ | 7/18~19豪雨災害 資料2点 »