« 最近のフィールドワーク | トップページ | 土木学会全国大会 »

2006年9月18日 (月)

台風13号および前線による災害

9月15日頃から,台風13号およびその北側の停滞前線の活動により,九州地方を中心として災害が発生しています.AMeDAS観測所の降水量の記録は,統計期間20年以上の観測所で,1時間降水量最大値の更新が3カ所,24時間が1箇所と,それほど目立った記録にはなっていません.

834760917 少し大きめの記録が見られたのは,大分県の蒲江観測所です.9月16日18~19時の1時間に121mm,17~19時の2時間に226mmが記録されました.二時間226mm以上の記録は,全AMeDAS観測所の1979~2004年の当方での集計では,少なくとも4回以上有り,まったくあり得ないような値ではありませんが(最大は283mm),比較的大きな値であったと思われます.同観測所では,1時間,2時間の値は大きかったのですが,降水継続時間も短く,24時間降水量などはそれほど大きな記録とはなりませんでした.

|

« 最近のフィールドワーク | トップページ | 土木学会全国大会 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179710/11939686

この記事へのトラックバック一覧です: 台風13号および前線による災害:

« 最近のフィールドワーク | トップページ | 土木学会全国大会 »