« 10月6~7日北東北の豪雨災害 | トップページ | 北東北豪雨・続報 »

2006年10月 8日 (日)

岩手県北の豪雨被災地を現地踏査

P1020084 本日10月8日,10月6日から7日にかけての豪雨に見舞われた,岩手県北部地方を現地踏査してきました.今のところ,人的被害や家屋の全壊は確認されていないので,避難勧告が出たという二戸市と久慈市,アメダスで1979年以降最大24時間降水量が観測された葛巻町などを見て回りました.写真は,葛巻町沢口で,川からあふれた土砂が水田に堆積し,水田内を流水が流れている状況です.

床上浸水の現場がいくつか確認されたほか,斜面や農地の小規模な崩壊,河道の側岸浸食などはかなり多くの場所で見られました.ただし,いずれも地形的に見て条件の悪いところであると思われ,特に奇異に感じられる現場は確認できませんでした.

また,いまのところ,この災害において特別に注目されるような自然,社会的特徴は見いだせていません.

いまのところ,この災害については,これ以上詳しい調査を行う予定はありません.

|

« 10月6~7日北東北の豪雨災害 | トップページ | 北東北豪雨・続報 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179710/12204633

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手県北の豪雨被災地を現地踏査:

« 10月6~7日北東北の豪雨災害 | トップページ | 北東北豪雨・続報 »