« 災害情報学会予稿原稿を公開 | トップページ | 防災ワークショップ研究会 »

2006年10月31日 (火)

記事検索により判明した報道

最近行った新聞雑誌記事検索により,当方に関し,以下のような報道が為されていたことが分かりました.

●豪雨、無理に逃げず屋内待機も手 安全な避難行動とは
2006年8月27日 読売新聞 朝刊

http://osaka.yomiuri.co.jp/shinsaimirai/data/sm60827b.htm

8月に発表した「洪水ハザードマップと防災情報に関する調査」が利用されており,浸水することを考慮していない指定避難場所が少なくないことが言及されています.

●合併自治体、防災見直し 速報・情報互換に課題 広域化の中で高齢化・過疎化
2006年9月1日 朝日新聞 夕刊

同じく「洪水ハザードマップと防災情報に関する調査」の利用.市町村における防災に関する人材不足についての調査結果が紹介されています.こちらはネット上での無料閲覧は不可能な模様.

|

« 災害情報学会予稿原稿を公開 | トップページ | 防災ワークショップ研究会 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179710/12503765

この記事へのトラックバック一覧です: 記事検索により判明した報道:

« 災害情報学会予稿原稿を公開 | トップページ | 防災ワークショップ研究会 »