« 津波避難者は意外に多かった可能性も | トップページ | 津波予報と避難意向に関係に関する報道 »

2006年11月28日 (火)

防災シンポジウム(福岡市にて)

熊本にある崇城大学環境建設工学科の森山聡之先生などが中心となって,「NPO法人 防災ネット研究所」が立ち上げられ,11月26日に設立記念シンポジウムが行われました.

NPO法人防災ネット研究所 設立趣旨のご案内と参加のお願い
http://www.0disaster.net/modules/wordpress/index.php?p=5

防災シンポジウムのご案内
http://www.0disaster.net/modules/wordpress/index.php?p=6

牛山は,同NPOのメンバーではありませんが,森山先生とは以前からいろいろと一緒に仕事をさせていただいているご縁もあり,記念シンポジウムにて「災害情報による人的被害軽減量の推定」というタイトルで講演をさせていただきました.

防災への取り組み方は様々です.研究や技術開発という切り口からの取り組みであっても,やはり「仲間作り」がたいへん重要である,ということをあらためて実感いたしました.

|

« 津波避難者は意外に多かった可能性も | トップページ | 津波予報と避難意向に関係に関する報道 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179710/12857037

この記事へのトラックバック一覧です: 防災シンポジウム(福岡市にて):

« 津波避難者は意外に多かった可能性も | トップページ | 津波予報と避難意向に関係に関する報道 »