« 171は携帯しか持っていない人は使えません | トップページ | 社会福祉分野と防災 »

2007年1月23日 (火)

平成18年7月豪雨による災害の特徴・刊行

Web上では既に公開しておりましたが,下記速報が刊行されました.

牛山素行・國分和香那,2006:平成18年7月豪雨による災害の特徴,自然災害科学,Vol.25,No.3,pp.393-402.
http://disaster-i.la.coocan.jp/notes/2006JSNDS.pdf

pdfファイルを,学会誌をスキャンしたものに差し替えております.

ちなみに,こういった原稿はほとんど「業績」としては認められません.そのことは重々承知の上で,災害の度にこのような原稿を書いております.「速報」の場合,印刷媒体に比較的早く掲載されること,「研究」として見なされない分,問題提起など,内容が比較的自由に書ける事などに価値を感ずるためです.災害調査速報を,少しでも「研究」に近づけるためには,更に別の原稿にしなければならないわけですが,これがなかなか進まず,悩むところです.

|

« 171は携帯しか持っていない人は使えません | トップページ | 社会福祉分野と防災 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179710/13631780

この記事へのトラックバック一覧です: 平成18年7月豪雨による災害の特徴・刊行:

« 171は携帯しか持っていない人は使えません | トップページ | 社会福祉分野と防災 »