« 地すべり学会関西支部で講演 | トップページ | 応用気象と気象災害 »

2007年6月 7日 (木)

地すべり防災・減災におけるアウトリーチ

6月4日の本欄
http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_cb6a.html
でもご紹介しましたように,昨日6月6日は,大阪にて開催された,(社)日本地すべり学会関西支部シンポジウム「地すべり防災・減災におけるアウトリーチ」に参加,話題提供を行ってきました.

当方の話題は,「住民参加型防災活動の現状と課題」でしたが,内容的には,

牛山素行・柏木紀子・佐藤聖一・佐藤庸亮・吉田淳美,非居住者を対象とした防災ワークショップの効果に関する定量的検討,日本災害情報学会第8回研究発表大会予稿集,pp.221-224

牛山素行,豪雨災害を対象とした防災ワークショップの現状と課題,平成19年度砂防学会研究発表会概要集,pp.10-11
http://disaster-i.la.coocan.jp/notes/20070523sabo.pdf

を合わせたものでした.

多彩な話題提供者のご参加があり,「防災におけるアウトリーチ」という言葉に対する考え方もそれぞれであることが分かり,大変おもしろいひとときでした.

このシンポジウムについては,大田ジオさんがメールマガジンで大変興味深いコメントをされていますので,紹介させていただきます.

太田ジオメールマガジン第107号
http://blog.mag2.com/m/log/0000090358/

|

« 地すべり学会関西支部で講演 | トップページ | 応用気象と気象災害 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179710/15343528

この記事へのトラックバック一覧です: 地すべり防災・減災におけるアウトリーチ:

« 地すべり学会関西支部で講演 | トップページ | 応用気象と気象災害 »