« 梅雨前線及び台風4号による豪雨 | トップページ | 梅雨前線及び台風4号による豪雨・追記 »

2007年7月17日 (火)

梅雨前線及び台風4号による豪雨・人的被害

梅雨前線及び台風4号による人的被害についての情報(ニュース記事等)を整理してみました.7/15付け本欄でも挙げたように,今回の災害による死者は5名,行方不明者は1名とされています.

筆者は,近年の豪雨災害による人的被害に関する情報を集積,整理しています.最近のまとまった文献としては下記があります.

牛山素行・國分和香那,2007:平成18年7月豪雨による人的被害の分類,水工学論文集(CD-ROM),No.51,pp.565-570.
http://disaster-i.la.coocan.jp/notes/20070308_0095.pdf

今回の事例における死者5名は,いずれも当方の分類で言うところの「事故型」,すなわち「移動や避難の目的ではなく,自らの意志で危険な場所に接近したことにより,溺れる,または生き埋めになるなどして死亡した者」でした.単なる災害情報の伝達では解決しにくいタイプの遭難形態です.

今回の犠牲者のうち1名は,冠水した橋の通行止め標識を設置しようとして川に転落した,熊本市職員の方です.殉職,といってよいでしょう.最近の豪雨災害での殉職者例としては,2004年台風23号による,2004年10月20日の京都府京丹後市での洪水に流されたと見られる警察官や,2003年7月20日の熊本県水俣市での避難誘導中に土石流に巻き込まれた消防団員などが挙げられます.危険を冒して責務を果たしている方達が,常にたくさんいることを,私たちは忘れてはいけないと思います.

|

« 梅雨前線及び台風4号による豪雨 | トップページ | 梅雨前線及び台風4号による豪雨・追記 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179710/15779093

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨前線及び台風4号による豪雨・人的被害:

« 梅雨前線及び台風4号による豪雨 | トップページ | 梅雨前線及び台風4号による豪雨・追記 »