« 梅雨前線及び台風4号による豪雨・人的被害 | トップページ | 地図+写真の表示 »

2007年7月17日 (火)

梅雨前線及び台風4号による豪雨・追記

梅雨前線及び台風4号による豪雨について,「AMeDAS最大値を更新した観測所が多くなかった」と指摘しました.今回の更新観測所数は,

1時間:8箇所,24時間:5箇所,48時間:4箇所

でした.あるいは,「最近豪雨が多いから,更新されにくくなっているのではないか?」と思われるかも知れません.そこで,「2000年以降に第1位が記録され,2007年7月に第2位を記録した観測所数(統計期間20年以上)」を集計したところ,1時間:2箇所,24時間:3箇所,48時間:7箇所,が確認されました.したがって,これらの観測所で2000年以降に豪雨が発生していなかったとすると(かなり無理のある想定ですが),今回の事例での記録更新箇所数は,

1時間:10箇所,24時間:8箇所,48時間:11箇所

となります.これでも,けして多いわけではありません.たとえば,

2006/7/17~23に降水量最大値を更新したAMeDAS観測所
http://www.disaster-i.net/disaster/20060719/pre11.html

のような例は少なくありません.

また,これらの観測所はいずれも別々の観測所であり,「1時間降水量も24時間降水量も更新した」とか,「24時間も48時間も更新した」という観測所はほとんど増えません(24時間と48時間の更新観測所が1箇所増えるのみ).

見方を少し変えても,「AMeDAS最大値を更新した観測所が多くなかった」という傾向は変わらないように思えます.

|

« 梅雨前線及び台風4号による豪雨・人的被害 | トップページ | 地図+写真の表示 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179710/15779252

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨前線及び台風4号による豪雨・追記:

« 梅雨前線及び台風4号による豪雨・人的被害 | トップページ | 地図+写真の表示 »