« 災害情報学会で発表の予定 | トップページ | NHK盛岡で報道されました »

2007年11月11日 (日)

盛岡市内で講演

昨日11月10日,盛岡市内で,総務省消防庁・岩手県主催による「地域安心安全ステーション出前講座」が開催され,牛山は講演をさせていただきました.

主な内容は以下の通りでした.

地域安心安全ステーション事業について
  消防庁防災課
実践報告「地域の安心安全を守るために」
 報告/清水 實氏(埼玉県富士見市水谷東小学校区自主防災会連絡会代表幹事)
講演「災害情報を生かす」
 講師/牛山素行(岩手県立大学総合政策学部准教授)

今回は,「座学だけでなく,何か演習的な内容を」というお題をいただきました.いろいろと悩んだのですが,結局盛岡市中心部の1:2500(1:25,000ではありません)白地図を配布し,その中にある標高点を色鉛筆で塗り分けていただく,という内容を盛り込みました.

地盤高の微妙な高低は,日常生活の中ではほとんど意識しませんが,1m違うと,浸水したときには被害に大きな差が出ます.津波でも,土砂災害でも,「相対的に低いところ」は,「相対的に脆弱性が高い」と言って,それほど大きな間違いはありません.その意味で,「細かな標高の読み取り」という作業は,簡単にできる割には,多くの知識を与えてくれます.

無論,「×m以上は安全」といった誤解が生じないように気をつけならないなど,課題は多くありますが,単なる思いつきで「地域の防災上の課題」を話し合うなどの行為よりはずっと建設的だと思うのですが,さて,いかがでしょうか.

|

« 災害情報学会で発表の予定 | トップページ | NHK盛岡で報道されました »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179710/17041508

この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡市内で講演:

« 災害情報学会で発表の予定 | トップページ | NHK盛岡で報道されました »