« 自然災害の『犠牲者ゼロ』を目指すために早急に取り組むべき施策 | トップページ | 岩手日報にコメントが掲載されました »

2007年12月24日 (月)

京大防災研特定共同研究の打合せに出席

去る12月22日,京都大学防災研究所特定共同研究(17P-1)「降雨による崩壊危険度広域評価-崩壊実績と地質・地形に基づいて‐」の研究打ち合わせが,京大防災研にて行われました.

京大防災研の「特定共同研究」は,同所と各地の研究者が参加して,主に研究集会の開催を通して情報交換をはかっていくものです.今回,牛山は,

「2002~2006年の主要豪雨災害の特徴」

というタイトルで話題提供を行ってきました.

今回の研究集会は主に地盤,地質関係の研究者の集まりでした.ハザード系の研究分野で積まれている実績と,各地に広がる「マップづくり」と称する活動の間の大きなギャップをどう埋めていくのか? 今回もそんな思いを強く感じました.

|

« 自然災害の『犠牲者ゼロ』を目指すために早急に取り組むべき施策 | トップページ | 岩手日報にコメントが掲載されました »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179710/17463253

この記事へのトラックバック一覧です: 京大防災研特定共同研究の打合せに出席:

« 自然災害の『犠牲者ゼロ』を目指すために早急に取り組むべき施策 | トップページ | 岩手日報にコメントが掲載されました »