« 水工学講演会で発表 | トップページ | 新年度開始 »

2008年3月18日 (火)

防災ワークショップ・奥州市2

ここのところ関わらせていただいた岩手県内での防災ワークショップもいよいよ最後の回となりました.本日は,奥州市羽田地区での2回目に参加してきました.

1回目のグループ作業で出てきた課題を表として整理し,それらの課題にどう取り組むかを考えるのが2回目のワークショップの内容です.今回も,いろいろな展開が見られました.

防災ワークショップは,本当に難しいです.「簡単にできて楽しそうなのに」と思う人もいらっしゃるかもしれませんが,私は「難しく,とても大変」だと思っています.防災ワークショップに関する私の問題意識の一端は,下記に整理されています.

牛山素行,豪雨災害を対象とした防災ワークショップの現状と課題,平成19年度砂防学会研究発表会概要集,pp.10-11,2007年5月23日.
http://disaster-i.la.coocan.jp/notes/20070523sabo.pdf

|

« 水工学講演会で発表 | トップページ | 新年度開始 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179710/40550423

この記事へのトラックバック一覧です: 防災ワークショップ・奥州市2:

« 水工学講演会で発表 | トップページ | 新年度開始 »