« 防災ワークショップ・滝沢村2 | トップページ | 防災ワークショップ・奥州市2 »

2008年3月 7日 (金)

水工学講演会で発表

3月5日~7日の間,広島大学で土木学会水工学講演会が行われました.日程の都合上,5日のみの参加でしたが,「豪雨防災情報に対するインターネット利用者の認識」のタイトルで発表をしてきました.

水工学講演会では,講演会と同時に査読付き論文集が刊行されます.この論文を以下に公開しました.

牛山素行・吉田亜里紗・國分和香那,2008:豪雨防災情報に対するインターネット利用者の認識,水工学論文集(CD-ROM),No.52,pp.445-450.
http://disaster-i.la.coocan.jp/notes/20080305_0075.pdf

あまり余裕がないので,内容的なコメントは省略させていただきます.

なお,上記も含め,論文等のPDFを収録しているサーバを近日中(ここ1,2カ月中がめど)に変更する見込みです.web上のリンクは全て修正しますが,ブログのリンクは修正しきれないと思いますので,ご容赦下さい.

あまり「忙しい」とは言いたくないのですが,それにしても,忙しいです.どうにも余裕のない日々が続いております.

|

« 防災ワークショップ・滝沢村2 | トップページ | 防災ワークショップ・奥州市2 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179710/40412716

この記事へのトラックバック一覧です: 水工学講演会で発表:

« 防災ワークショップ・滝沢村2 | トップページ | 防災ワークショップ・奥州市2 »