« 人的被害の面から | トップページ | Googleマイマップ版を作成 »

2008年6月15日 (日)

災害時のメール雑感

もう,何度も何度も書いてきましたが,「災害時には,携帯メールを普段通りに使うことはできません」.当方の調査結果から挙げるとすれば下記があります.

2005年8月16日宮城県沖の地震時の情報利用に関する調査結果(速報)について
http://disaster-i.net/disaster/20050816/050905rs.pdf

地震直後の私個人のメールの状況は,

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_5533.html

にも書いたとおり,本当に「直後」はむしろよかったのですが,30分ほどたつと受信しなくなりました.その後も当日午前はメール,Cメールとも配信されない状態が続きました.

発信の方は,10時頃にはできたのですが,これは発信しても相手に届かない状況で,その後12時頃にやってみたら発信自体ができなくなりました(画像付きだったせいかも).特に支障を感じなくなったのは14時頃でした.

「災害直後の情報集積のために,携帯で写真を撮ってwebに蓄積しよう!」というシステムの「提案」をよく見ます.そんなシステムは「災害直後」には稼働しない,と常々批判していますが,その批判は間違っていなかったことを,改めて再認識しました.このブログでも当日の画像を携帯から投稿していますが,最初の投稿が14:19になっていると思います.この写真は12時半頃撮ったのです.撮影後2時間ほどは,「何度も送信を試みたが送信できなかった」のです.

ところで,auの場合,緊急地震速報はCメールで配信される仕様になっています.これは8:44, 9:20, 12:28の3回ともリアルタイムに配信されました.普通のCメールがほとんど配信されなかった時間帯と微妙にずれているので「緊急地震速報は正常に配信された」と言えるかどうかは不明です.

|

« 人的被害の面から | トップページ | Googleマイマップ版を作成 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179710/41542688

この記事へのトラックバック一覧です: 災害時のメール雑感:

« 人的被害の面から | トップページ | Googleマイマップ版を作成 »