« 水文・水資源学会 | トップページ | 2008年8月29日の前線による豪雨災害に関するメモ »

2008年8月29日 (金)

昨夜からの東海・関東地方での豪雨について

昨日8月28日夜から29日朝にかけて,愛知県や神奈川県,東京都などで1時間降水量100mmを越えるような豪雨が発生しています.タイミング悪く,当方の降水量データ処理端末が不調で,データを迅速に示すことが出来ませんが,現在関連情報を整理中です.

本年は,1時間降水量など,ごく短時間の降水量に大きな値がたびたび記録されていましたが,24時間降水量などのまとまった時間の降水量ではそれほど大きな値が生じていませんでした.短時間に激しい雨が生じるが,長続きせず,かつ範囲も非常に狭いという豪雨が今年はよく見られていると思います.

短時間の豪雨だけでは大きな被害には結びつきにくいので,結果として,人的被害,家屋被害も,例年に比べれば比較的少ない状況が続いていました.

昨日から本日にかけては,24時間降水量の最大値(1979年以降で観測期間20年以上)を更新したAMeDAS観測所が2カ所(岡崎[愛知],久喜[埼玉])あり,今年の豪雨としては長時間の雨もやや強かったと思われます.まだ降雨が継続している地域もあり,被害状況も不明な点が多いので,まずは情報収集に当たりたいと思っています.

|

« 水文・水資源学会 | トップページ | 2008年8月29日の前線による豪雨災害に関するメモ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179710/42312294

この記事へのトラックバック一覧です: 昨夜からの東海・関東地方での豪雨について:

« 水文・水資源学会 | トップページ | 2008年8月29日の前線による豪雨災害に関するメモ »