« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月17日 (火)

思い込みに気をつけよう

少し遅ればせですが,消防科学総合センターが刊行している,「消防科学と情報」の2008年秋号に,「巻頭随想」として以下のような寄稿をしました.

牛山素行,2008:思い込みに気をつけよう,消防科学と情報,2008年秋号(No.94),pp.4-6.

消防科学総合センターweb内の以下から全文を参照できます.
http://www.isad.or.jp/cgi-bin/hp/index.cgi?ac1=IB17&ac2=94fall&ac3=5432&Page=hpd_view

| | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

岩手宮城内陸地震関連の論文等公開

下記の論文等を公開しました.

牛山素行,太田好乃,2009:防災の観点から見た磐井川流域の土地利用の特徴,東北地域災害科学研究,No.45, pp.223-228.
http://disaster-i.net/notes/2009tohoku.pdf

天然ダム決壊の影響範囲について,地形分類図を用いた地震直後の緊急的な判定法を提案する内容と,「危険な土地が利用されていない」ことの効果を指摘した内容になっています.

| | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

異動の予告

少し早いですが,牛山の異動についてご報告させていただきます.牛山は,3月31日をもって岩手県立大学を辞職し,4月1日付で静岡大学防災総合センターに異動する予定です.

静岡大学防災総合センター
http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/sbosai/

新しい仕事については,着任後にあらためてご報告いたしますが,さしあたり,異動に伴う諸連絡をさせていただきます.

  • 異動後も,web,ブログのURLは変更ありません.メールアドレスも変更ありません.
  • 異動に伴い,メールも含めて牛山に連絡がつきにくい期間があります.おおむね,3月19日頃~3月31日頃の間が連絡がつきにくいと見込まれます.
  • 当方で管理している「リアルタイム豪雨表示システム」は,3月16日頃に一旦停止します.静岡大学ではネット環境が少し変わりますので,現状のまま再開という形にはならないかもしれません.なんらかの形での再開は4月末頃の見込みです.

それではみなさま,今後ともよろしくお願いいたします.

| | トラックバック (1)

2009年3月 7日 (土)

防災研究フォーラムで話題提供

3月7日,京大防災研で開催された,防災研究フォーラム主催による「防災研究フォーラム第7回シンポジウム」にて,「平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震による死者・行方不明者」のタイトルで発表を行ってきました.

防災研究フォーラム
http://www.dprf.jp/

防災研究フォーラム第7回シンポジウム
http://www.dprf.jp/sympo/20090209/

2008年度に発生した主要災害の報告の他,「アジア型巨大災害」をキーワードとしたいくつかの話題提供がありました.防災に関する広範な話題を扱う研究者に触れ続けることの重要性をあらためて感じました.

| | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

陸前高田でのシンポジウム無事終了

既報のように,2月27日に「地域防災に関するシンポジウム」を計画しておりましたが,無事終了しました.地元気仙町今泉地区の方を中心として,約70名ほどのご参加をいただきました.

足かけ2年にわたって調査の実施,ワークショップの企画実施に取り組ませていただいた地区での,とりまとめ的な行事として行ったものです.これだけの時間をかけて,必ずしも十分な成果が得られたかどうか,どうも反省する点が多々ありますが,わずかでも,部分的にでも,何か役立つところがあればいいと願っています.

なお,本シンポジウムについては,3月1日付岩手日報に,「地域で津波防災啓発を 住民調査の結果発表 陸前高田でシンポジウム」というタイトルで記事が掲載されました.

| | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »