« 震災対策技術展 | トップページ | 「標高」に対する人の認識に関する論文を公開 »

2009年4月25日 (土)

ワークショップの効果に関する論文公開

下記の論文を公開しました.

牛山素行・吉田淳美・柏木紀子・佐藤聖一・佐藤庸亮,2009:非居住者を対象とした防災ワークショップの参加者に及ぼす効果の分析,自然災害科学,Vol.27, No.4,pp.375-385.
http://disaster-i.net/notes/2009JSNDS27-4.pdf

防災ワークショップ的な取り組みは多数行われていますが,その効果についての客観的な評価はまだほとんど行われておりません.正直なところ,この「効果検証」はかなり難しいと考えていますが,その一つの試行過程をまとめたのが本論文です.

|

« 震災対策技術展 | トップページ | 「標高」に対する人の認識に関する論文を公開 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179710/44791883

この記事へのトラックバック一覧です: ワークショップの効果に関する論文公開:

» [防災・防犯]防災ワークショップの効果測定に関する論文 [災害対策常在戦場]
静岡大学の牛山素行准教授が、ご自身が行ったワークショップを基に効果測定を行った結果を論文にまとめられています。私も開催側、参加側両方で関わる題材なのでとても興味深いです。 論文中にもあるとおり、サンプル数が少なく実験的な内容になっています。いわゆる防災ワ... [続きを読む]

受信: 2009年4月27日 (月) 11:50

« 震災対策技術展 | トップページ | 「標高」に対する人の認識に関する論文を公開 »