« 昨夜からの兵庫県付近での豪雨災害 | トップページ | 避難途中に犠牲となった可能性 »

2009年8月10日 (月)

2009年8月台風9号(台風0909号)豪雨災害 研究関係情報

2009年8月台風9号(台風0909号)豪雨災害 研究関係情報
http://disaster-i.net/disaster/20090809/

を公開しました.

どうも被害状況に関しての詳報がまだ少ないようですので,上記ページはまだ表紙程度です.

降水量に関してだけ下記のようなメモを入れましたが,まさに,本格的な豪雨です.「この地域としては激しい雨が降った」ということになります.繰り返し,繰り返し言っていますが,「24時間降水量326mm」という降水量の絶対値が「全国的に見ても特別に大きい」のではありません.「この地域としては特に大きい」のです.

  • 佐用では,9日20時に1時間降水量59.5mmを記録した.佐用の1時間降水量1979年以降最大値が57mmなので,この時点で最大値を更新している.続けて21時には81.5mmを記録し,2時間続けて1時間得降水量最大値が更新された.この2時間の降水量は141mmで,1979年以降最大値101mmを大きく更新した.
  • 佐用の24時間降水量は,20時の時点で183.5mmと1979年以降最大値187mmとほぼ同程度となり,21時には265mm と大きく更新している.48時間降水量も21時には更新された(250mm->265mm).24時間降水量と48時間降水量が同値であることからもわかるように,前日8月8日は無降水で1mm以上の雨は8月4日以降降っていなかった.先行降雨はほとんどなかったことになる.
  • 佐用では,9日18時の時点で24時間降水量113mmと,この地域としてはまとまった雨がすでに降っていた.その後に記録的な1時間降水量が連続して記録された.長時間の降水量,短時間の降水量ともに激しく,かつ激しい短時間降水量がまとまった長時間降水量の後に記録されるという降雨パターンであり,豪雨災害の発生が極めて強い雨の降り方だったと考えられる.

|

« 昨夜からの兵庫県付近での豪雨災害 | トップページ | 避難途中に犠牲となった可能性 »