« 山口豪雨の速報会実施 | トップページ | 報告書の一部訂正 »

2009年8月 3日 (月)

市町村防災担当者を対象としたアンケートの速報公開

牛山が調査代表者となって,静岡大学防災総合センター・岩手県立大学総合政策学部地域政策講座・日本自然災害学会災害情報委員会の共同による,全国の市区町村防災担当者を対象としたアンケート調査を行いました.現在その結果を解析中ですが,主な集計結果を速報として公表します.

「市町村役場における豪雨災害情報の利活用状況について」
アンケート調査結果(速報)の公表[概要]
http://disaster-i.net/notes/090803release.pdf

市町村役場における豪雨災害情報の利活用状況について[報告書]
http://disaster-i.net/notes/090803report.pdf

主なポイントを挙げておきます.

  • 洪水・土砂災害対応のハザードマップの作成率は大きく向上し全市町村の約7割に
  • リアルタイム雨量水位情報やハザードマップのWeb公開,防災メールの整備など,一般にも使える豪雨防災情報がさらに充実
  • 小規模自治体でのハザードマップ整備が進まない.地域への専門的人材による支援が重要に.
  • 「空振り」を懸念して避難勧告をためらう市町村も少なくない.単に「空振り」「見逃し」を非難するのではなく,日頃から情報のあり方について地域での意識共有を.

当方では,類似の調査を過去4回ほど実施してきました.今回の調査では,特に2005年に実施した調査結果と比較しています.みなさまのご参考になれば幸いです.

この調査結果についてご関心をお持ちの方は,当方までご連絡をいただければ幸いです.

|

« 山口豪雨の速報会実施 | トップページ | 報告書の一部訂正 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179710/45813250

この記事へのトラックバック一覧です: 市町村防災担当者を対象としたアンケートの速報公開:

« 山口豪雨の速報会実施 | トップページ | 報告書の一部訂正 »