« 大雨災害における避難のあり方等検討委員会 | トップページ | 自然災害科学西部地区部会研究発表会 »

2010年2月10日 (水)

指導学生が岩手県立大学長特別賞を受賞

2月9日,平成21年度岩手県立大学学長特別賞の授与式が行われ,昨年度から継続して指導を行ってきた,4年生の太田好乃さんが学長特別賞を授与されました.

受賞理由は,下記の論文が,査読論文として受理,掲載されたことによるものです.

太田好乃・牛山素行,2009:地域特性と学校防災教育の関係について,自然災害科学(日本自然災害学会誌),Vol.28,No.3.
太田好乃・牛山素行・吉田亜里紗,2009:地形認知と津波リスク認知の関係について,災害情報(日本災害情報学会誌),No.7,pp.101-110.

学部学生が全国規模の学会誌に査読論部を投稿し,受理されるのは極めて異例のことです.まだ査読中でありますが,このほかに1点の査読論文も投稿しています.太田さんは,私が静岡大学に異動後も引き続き指導していましたが,不自由な環境の中で,優れた成果を上げてくれました.太田さんの受賞に心よりお祝いを申し上げたいと思います.また,当方の調査研究活動にご協力いただいた関係者,関係機関の皆様に,あらためてお礼を申し上げたいと思います.

|

« 大雨災害における避難のあり方等検討委員会 | トップページ | 自然災害科学西部地区部会研究発表会 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179710/47591025

この記事へのトラックバック一覧です: 指導学生が岩手県立大学長特別賞を受賞:

« 大雨災害における避難のあり方等検討委員会 | トップページ | 自然災害科学西部地区部会研究発表会 »