« 大雨による災害と防災情報に関するアンケートを公開 | トップページ | 人に優しくない「高分解能な災害情報」 »

2010年4月29日 (木)

静岡防災情報連絡会で講演

昨日4月28日,静岡市内にて「第12回静岡防災情報連絡会」が開催されました.この会は,静岡地方気象台が事務局となり,静岡市,静岡県,県内メディア,ライフライン企業などが会員となっている枠組みです.気象台から発表される各種情報に関する説明,情報交換が主な目的となっています.

昨日の連絡会では,5月27日から発表される,いわゆる「市町村警報」についての話題が中心でした.

大雨や洪水などの気象警報・注意報の改善について
http://www.jma.go.jp/jma/press/1001/26a/sichouson_keihou.htm

牛山は「「市町村警報」の可能性と課題」の演題で講演をさせていただきました.情報が細かくなることは一概にすばらしいこととは言えません.どう使っていくか,が問題です.

|

« 大雨による災害と防災情報に関するアンケートを公開 | トップページ | 人に優しくない「高分解能な災害情報」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179710/48216075

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡防災情報連絡会で講演:

« 大雨による災害と防災情報に関するアンケートを公開 | トップページ | 人に優しくない「高分解能な災害情報」 »