« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月23日 (日)

豪雨災害による犠牲者に関する論文公開

当方では,豪雨災害による犠牲者の発生形態等に関する調査研究を進めていますが,一連の研究の一部として新たに下記の論文を公開しました.

牛山素行・高柳夕芳,2010:2004~2009年の豪雨災害による死者・行方不明者の特徴,自然災害科学,Vol.29,No.3,pp.355-364
http://disaster-i.net/notes/2010JSNDS29-3.pdf

2004~2008年までの豪雨災害による犠牲者307名を元にした集計結果と,2009年の山口県などの豪雨災害,兵庫県などの豪雨災害の犠牲者を対比しての検討結果です.

以下に,この論文の「おわりに」を掲示します.
--------------------------
 今回の検討からは,以下のような傾向が読み取れた.
・年代構成で見ると,犠牲者は高齢者に偏在している.
・遭難場所は,屋外の方が屋内より多いが,土砂災害に関してのみは逆である.
・避難行動をとったにもかかわらず遭難した犠牲者が無視できない程度(約1割)存在し,主に洪水に起因して発生している.
 これらの傾向は,これまでに筆者が行った検討結果と整合しており,近年の豪雨災害に見られる傾向と見なすことができる.
 2009年に発生した2つの主要豪雨災害事例のうち,中国・九州北部豪雨による犠牲者発生形態は,土砂災害による犠牲者がやや多かったものの,年代構成,遭難場所,避難行動の有無などの点から見ると,近年の豪雨災害犠牲者の傾向から大きく逸脱せず,いわばtypicalな事例だったと言える.一方,台風9号は,若年層への被害集中,屋外遭難者の多発,避難中の犠牲者の大量発生など,近年の豪雨災害事例とは異なる犠牲者発生形態が見られた.特に,避難中の犠牲者が大量に生じたことは深刻であり,このタイプの犠牲者は,「洪水」の際に目立つ傾向があらためて確認されたことになる.災害への対応行動として,「全災害共用の指定避難場所への避難」が最善と言えるのか,検討が必要になるだろう.
 2004~2008年の犠牲者を元にした集計からも明らかなように,豪雨災害による犠牲者は,「高齢者が逃げ遅れて遭難」といった想像しやすく単純な発生形態が主流ではない.自ら危険に近づいたことによって遭難した「能動的犠牲者」が全体の3割以上を占めること,屋外を移動中の遭難者が多数派であることなどを考えると,単に各種の情報を発表し,「自宅に所在している住民」に伝達しさえすれば大幅な被害軽減が期待できるわけではない.たとえば,道路沿いへの浸水想定区域の表示,災害の種類に応じた一時避難場所の設定など,地域の災害特性に応じた対策の検討を進めていく必要がある.

|

2011年1月18日 (火)

毎日新聞(岐阜面)で報道されました

1月14日付け毎日新聞(岐阜面)に,13日に話題提供させていただいた,岐阜での講演会に関する紹介記事が載っています.

短い文章ですが,私の言いたかったことを端的にご紹介いただいたようで,感謝しています.

--------------------------
防災気象講演会:「積極的に情報活用を」 静岡大准教授「豪雨災害」講演 /岐阜

 岐阜地方気象台と県は13日、防災気象講演会を県庁で開き、静岡大学防災総合センターの牛山素行准教授が「豪雨災害」をテーマに講演した。牛山准教授は豪雨災害による人的被害を研究しており、「今でも100人以上の犠牲者が出る可能性はある。油断してはいけない」と強調した。

 県や市町村の防災担当職員ら約130人が出席した。牛山准教授は、気象や川の水位についての情報はインターネットなどで入手しやすくなっており、積極的に活用すべきだと説明。「土砂災害警戒情報と記録的短時間大雨情報が出ると、豪雨災害となる可能が高い」と話した。

 このほか、「ソフト対策への期待が高まっているが、堤防を作るなどのハード対策も絶対に必要だ」「自助・共助を進める際には、素人だけではなく、専門家も参加すべきだ」と指摘した。【岡大介】

|

2011年1月17日 (月)

防災フェロー・中日新聞で報道

1月13日付け中日新聞(静岡面)で,「ふじのくに防災フェロー」に関する報道がなされました.「初めて」というのが少し変な感じですが,おおむね好意的にご紹介をいただいています.

防災フェロー講座は,教室で行われる「講義実習科目」と,指導教員について大学の卒論と同様に約1年間で研究成果をまとめる「修了研修」の2本立てで,この両方を履修することにより修了が認定されます.

とにかく,よくある「防災リーダー研修」とはかなり違ったものだと理解していただかないと,誤解の元です.「だれでもとっつきやすい講習会」ではありません.「小難しい教育プログラム」です.日本の防災のためには「小難しいこと」にすぐに抵抗を感じない人を少しでも増やすことが必要だと筆者は考えています.

------------------------
防災考える人材を 静岡大が「養成講座」を初開講

 企業や自治体、学校などで防災に関わる仕事をする人を対象に、地震や豪雨などの専門情報を読み解き、平時の備えを推し進める能力の育成を目指す「ふじのくに防災フェロー養成講座」が、3月に初めて開講される。主催する静岡大は、28日まで出願を受け付けている。

 地震の強さや建物の揺れ方を決める要因を演習を通して学ぶ「地震工学」や、水が生活域をどのように流れるかを理学的に解く「水理学」、災害社会学など24科目から、10科目以上を履修。全国の大学教授ら各分野の第一人者が指導に当たり、計算や作図などの作業を通して学ぶ。

 静岡大防災総合センターの牛山素行副センター長は「専門情報を誰もが受け取りやすくなった現状に即した講座にしたい」。インターネットの発達により、気象庁をはじめとする各機関が発信する情報が身近になったことが背景にある。

 「専門情報を自ら入手し、読み解き、地域の課題を探り、改善を働きかける」ような活躍が、修了生には期待される。そのため受講生ごとに担当教員が付き、学会での発表を課すなど、意欲のある人に応える運営体制を敷いている。期間は来年3月まで、原則として土曜か日曜に静岡大で開講される。入学料、受講料は無料。問い合わせは同センター=電054(238)4254。 (皆川剛)

|

2011年1月16日 (日)

防災には科学が必要

防災というのは典型的な「学際・総合領域」の学問・技術分野だと思います.防災にも様々なシーンがあり,必要とされる知識,技術も異なってきますが,ことに狭義の「防災」,つまり災害をもたらす外力(hazard)による影響を未然に少しでも軽減できるように取り組むことを考える上では,「科学的知識」が必須であると筆者は考えます.

無論,一昔前のように,「防災教育=hazardのメカニズム教育」というあり方は適切だとは思いません.しかし,「防災というのは人を対象とした取り組みなのだから理系の難しい話しはいらない(重要ではない)」という考え方にも賛成できません.

ではどの程度の「科学的知識」が必要なのか? これは難しい問題で,まだまだ考えていかなければなりません.大学レベルの数学や物理が必須とは思いません(そんなのは私も怪しい).しかし,数値データ,数式,グラフといった類の情報を目にするだけで拒否反応を示すような反応は行き過ぎではないでしょうか.「人や社会」を対象にする場合でも,さまざまなデータが存在します.それは,数量的なものもあるし,質的なものもありますが,客観的なデータが必ず存在します.主観的な「思い」だけではどうにもなるものではありません.

防災のために様々な取り組みが存在することは重要なことです.そのことを否定するものではありませんが,「防災には科学的知識が必要だ」という考え方が,近年はやや軽視されてきているように筆者は感じています.我々は,科学技術も進み,科学技術が生み出した様々な情報が公開された現代日本に生きています.これらを活用しないことは「もったいない」のではないでしょうか.そして,これらの情報を活用するためには,(その程度については検討の必要がありますが)科学的知識が必要だと筆者は考えます.

私にも「熱い思い」はあります.今我々が始めようとしている「ふじのくに防災フェロー養成講座」は,このような「思い」にもとづいて進めているものです.無論これだけが正しいことだと考えている訳ではありません.防災に対する取り組みのメニューの一つとして提案しているものです.どうしても共感を持てないという方がいても,それは当然なことだと考えています.

|

2011年1月 8日 (土)

岩手日報にコメント掲載

1月6日付け岩手日報に当方のコメントが紹介されました.

2010~2011年にかけての年末年始は,ほぼ全国的に寒波,大雪に見舞われました.全国ニュースではあまり話題にならなかったようですが,岩手県では大雪の影響により広域で数日にわたる停電が発生しました.雪そのものの着雪による送電線の切断もありますが,雪の重みで生じた倒木が電線を切断するケースも多いようです.

停電は大規模な人的,物的被害には直結しにくいですが,じわじわと効いてくる災害です.今回は雪害「のみ」ですが,大雪の最中に地震・津波が生じる複合災害の可能性は,特に北日本では大いにあります.筆者は「個人でもできる災害に対する備え」として,「食料等の備蓄」は必ずしも重要度の高い「備え」ではないと考えていますが,このようなときには機能を発揮する「備え」だとは思います.

--------------------------
2011年1月6日 岩手日報
雪害 孤立地区が多発 年末年始の県内 除雪/救助活動/家庭の備え 求められる対策見直し

 県内は年末年始の大雪で多くの孤立地区が発生した。岩手日報社のまとめでは道路の除雪ができず孤立状態にあった地区(3日時点)は宮古市、岩泉町など7市町の22地区、約130世帯に上った。集落の孤立化は本県の防災対策上の大きな課題。近く宮城県沖地震の発生も懸念されており、冬場の防災対策の見直しや各家庭での備えが求められそうだ。

 3日時点で孤立状態の地区が残ったのは、久慈市、岩泉町、宮古市、一戸町、葛巻町、岩手町、盛岡市の7市町。二戸市の5地区、久慈市、宮古市、盛岡市の一部は2日までに解消した。

 一戸町は4日に全世帯が解消するまで、最大4地区65世帯が一時孤立。湿った雪の影響で除雪がスムーズに進まなかったことや倒木で復旧作業が遅れた。

 孤立状態になった一戸町落合地区の田ノ岡仁八郎さん(75)は「情報源のテレビが見られず不安だった」と語る。

 住民はまきストーブや反射式石油ストーブで暖をとり、食料も正月で普段よりも予備があった。電話で安否は確認され、大きな混乱はなかったが不便な状態は続いた。

 孤立地区の発生は、2008年6月の岩手・宮城内陸地震でも課題となった。09年の県調査では、災害時に孤立する恐れのある地域は県内27市町村(当時)331地域。険しい山間部を抱える本県では大雪後に地震が襲う可能性もあり、対策は大きな課題だ。

 県総合防災室の越野修三防災危機管理監は「冬場に地震が襲った場合は、復旧の長期化が予想される。孤立地区への救助活動の難航も予想され悩ましい。冬場の防災対策を見直したい」と語り、救援物資を送る方法や他県との除雪の連携などを検討する。

 今回の大雪は停電戸数が22市町村、延べ7万3千戸に上り、家庭での備えの重要性も問われた。停電が長期化した二戸市内では、ろうそくや電気を使わないストーブが品薄となった。

 静岡大防災総合センターの牛山素行准教授(前岩手県立大准教授)は「住んでいる地域でどういう災害が起こるかを点検してほしい。普段から食べ物を多めに買ったり、無くなると困るものをそろえるなど無理のない範囲で準備すべきだ」と指摘する。

|

2011年1月 7日 (金)

国交省沼津河川国道事務所長さんと対談

先日,静岡新聞社の企画により,国土交通省沼津河川国道事務所長の前佛和秀さんと「対談」をさせていただきました.その内容が新年の企画記事として,1月4日付け静岡新聞に掲載されました.

小山町での豪雨災害時に,町役場や地域による迅速な対応が被害を最小限にした可能性は高いと筆者も考えています.ただ,そういったソフト対策「だけ」で被害軽減を図れるものではなく,さまざまなハード対策が効果を上げていることも,主張・検証していくべきだと思います.コンクリートが大嫌いという個人的感傷を持つのは結構ですが,コンクリートに守られて日常生活が送られていることも事実だと思います.
-------------------------
2011年1月4日 静岡新聞
対談-被災時の自助・共助と公助=牛山素行(静大防災総合センター副センター長)-迅速な対応大きな効果/前佛和秀(国交省沼津河川国道事務所長)-関係機関の連携不可欠

 県東部で多発する豪雨災害から住民の身を守るすべは何か。災害情報学・自然災害科学(豪雨災害)を専門とする牛山素行静岡大防災総合センター副センター長と前佛和秀国土交通省沼津河川国道事務所長が対談し、自助・共助と公助の両面から現状と課題を語った。

 ・前佛 県東部は富士山や天城山などを抱えて地形的に雨が集まりやすく、年間平均降雨量は3千ミリほど。過去から洪水被害が頻発し、江戸、明治時代にもそれぞれ40回以上水害があった。1958年の狩野川台風が最も被害が大きい。

 ・牛山 日本の平均年降水量は1700ミリ程度なので県東部山間部は1・5倍になる。全国は紀伊半島南部と四国南部が多雨で知られ、次いで南九州と静岡県。県内では西部より東部が多い。

 ・牛山 2010年9月の台風で、小山町では比較的激しい雨が記録されたが、死者・行方不明者や家屋の全壊が多数発生する事態に至らなかった。情報収集や避難の呼び掛けの体制を立ち上げるなど町役場の迅速な対応があった事、1972年の豪雨災害などを契機に河川や傾斜地の改修が進んだ事など、ハード・ソフト両面の対策が効果を発揮したのでは。

 ・前佛 災害対策現地情報連絡員「リエゾン」を早期段階で小山町と御殿場市に派遣した。職員が直接赴いて災害の程度を把握、直ちに緊急災害対策支援隊「TEC-FORCE」を派遣できた事は大きい。今後につながる経験だった。

 ・前佛 65年に完成した狩野川放水路などにより中下流部の被害は大きく軽減した。現在は50年に1度程度の規模の大雨に耐えうる整備を目指し、堤防整備計画の7割を整備した。頻発する内水被害への対応も必要で、内水被害が2004年に発生した伊豆の国市小坂などで排水機場の能力強化を図り、今後も順次取り組みたい。内水被害の解決には支川の管理者である県や周辺市町との連携が欠かせない。

 ・牛山 国内では最近50年以上、豪雨災害による人的被害や浸水家屋が一貫して減少している現状を見ても、ハード整備の効果は出ていると思う。ただ、自然、社会の条件次第で大きな被害は起こりうる。ソフト対策は受益者側の理解や努力なくして成り立たない点にも注意が必要だ。

 ・前佛 狩野川流域の雨量・水位情報を網羅した「川の防災情報」をホームページに載せていて、局地的な集中豪雨に有効な高精度の雨量レーダーも11年4月から県内でも試用運用し、一般公開する。防災に役立ててもらうよう、もっと認知度を高めたい。

 ・牛山 アンケート調査ではこうした情報公開を8~9割が「知らない」と答え、情報が必ずしもいかされていない。住民が身を守る第一歩はハザードマップを活用して地域で起こりうる災害を把握すること。その上で豪雨時に河川の水位や雨量の情報を活用して早めの行動を起こしたい。豪雨災害の犠牲者の7割近くが屋外で遭難しており洪水だと8割以上を占める。流れている水には近づかないことが鉄則だ。

|

2011年1月 6日 (木)

防災フェロー・静岡新聞で報道

昨日1月5日より募集開始した「ふじのくに防災フェロー養成講座」について,1月5日付け静岡新聞でご紹介をいただきました.

好意的にご紹介いただいていますが,これだけ読むとすでに「静岡県防災士」の称号を授与された人だけが対象のように読めますが,本講座は,他の防災関連資格を取得している人なども受講可能です.詳しくは募集要項あるいは下記ページをご覧ください.

応募資格・募集・選考
http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/sbosai/fellow/02.html

--------------------------
[2011/01/05 静岡新聞]
県「防災フェロー」 1期生講座開講へ 3月から静大防災総合センター

 県防災士(ふじのくに防災士)を対象に静岡大防災総合センター(静岡市駿河区大谷)が手掛ける「ふじのくに防災フェロー」の第1期生養成講座が3月に開講する。同センターが客員教授に招いた地震予知連会長の島崎邦彦東大名誉教授が地震学の講義を担当するなど、講師陣も大幅に充実させた。5日から28日まで受講希望者の出願を受け付ける。

 防災士の称号を持つ受講生が、大学の講師陣の指導で1年から1年半かけて防災の専門研究を行う制度。防災を科学的に捉えられる実践的な人材を育てるのが狙い。研究の成果を防災関連学会などで発表することで、県と大学から「特別研究員」を意味する「フェロー」の知事認証称号が付与される。受講は無料。

 講義や実習の講師陣は4日現在、静大教授陣の他、島崎東大名誉教授、佐藤博明神戸大名誉教授(火山学)、林拙郎三重大名誉教授(森林工学、砂防学)ら25人。センターが2010年中に相次いで招聘(しょうへい)した多様な専門分野の客員教授が名を連ねる。

 副センター長の牛山素行准教授は「講師陣はそうそうたる顔触れ。すでに防災業務に携わっている人にさらにブラッシュアップしてもらうことで、今までの制度にない大きな波及効果が期待できる」と意義を話す。

 防災士の関心も高まっている。受講を考えている30代の男性公務員(静岡市駿河区)は「防災リスク評価などを行い、より効果的な防災対応を取るにはどうしたらいいかを研究してみたい」と思いを巡らす。その上で、「一流の講師陣の指導を受けられるのに、社会人入試よりも敷居が低く、受講料も無料なのが大きな魅力」と評価している。

|

2011年1月 5日 (水)

ふじのくに防災フェロー養成講座の募集開始

 静岡大学防災総合センターでは,文部科学省の科学技術振興調整費による地域再生人材創出拠点の形成事業「災害科学的基礎を持った防災実務者の養成」として,静岡県と連携して,「ふじのくに防災フェロー養成講座」の人材養成プログラムを平成22年度から開始します.

 本講座は,自治体や企業等で災害に関する実務に従事している方をおもな対象に,災害発生後の「危機管理ノウハウ」にとどまらず,災害の事前予防を目指し,地域の災害特性を理解し,災害に関わる科学的情報を読み解ける,実践的応用力を身につけた人材を育成することを目標とします.

 具体的には、i)最新の災害科学基礎知識(地震、豪雨などの自然科学的知識にとどまらず、災害時の人間行動など人文社会科学的知識も含む)修得を目的とする講義、ii)災害科学に関わる現地踏査、文献、データ収集、観測などを通じて得られた各種データの読解・処理作業などを行う実習・演習、iii)担当教員の個別指導によるセミナーを通じ,災害科学的基礎を背景とした実践的応用力を養います.受講者には,最終的に自らの課題をとりまとめ,学会など外部での発表を義務づけます.

 講義・実習,とりまとめた課題の発表などが達成された段階で,静岡大学及び静岡県より「ふじのくに防災フェロー」の称号が付与されます.

 本講座の第1期(平成22~23年度)受講生の応募を,1月5日~1月28日の間受け付けます.詳しくは,下記のページをご覧ください.

ふじのくに防災フェロー養成講座
http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/sbosai/fellow/

募集要項
http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/sbosai/fellow/H22-all.pdf

 本講座の受講は,静岡県内在住者に限らず,受講生の事情が許せば全国どこに在住している方でも受講を受け入れます.

 この講座はいろいろな意味で特色ある講座です.ある意味,「よくありがちな防災講座」に対する建設的な挑戦とも言えるかも知れません.受講を考える方に留意点を挙げるとすれば以下のようになります.

  • この講座はいわゆる「防災好きな人」を対象と考えていません.防災に関する業務に携わっている方が対象です.「自主防災組織」は「業務」とは考えていません.
  • 行われる講義実習は,講演会のように講師の話を聞いていれば良いという形式のものではなありません.計算,作図など,数値や物理的・質的データを用いた作業を必ず伴います.
  • 講義実習の中で,高校程度の数学,物理等の基礎知識が必要となる場合があります.
  • 講義実習の中で,災害発生時の対応についてのテクニック,ノウハウといった内容はほぼ皆無です.防災に関わる自然科学,社会科学的な基礎知識が主な内容となります.
  • 個別指導の成果は,学会等の学外の専門的な場で発表することを義務づけます.「活動報告」は学会での発表対象になりません.また,専門的な場では「熱心に取り組んだ」ことは格別評価の対象になりませんし,「熱い思い」はあっさりと批判されることもあります.

 本講座に関心をお持ちの方は,受講をご検討いただければ幸いです.

| | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

新年のご挨拶

新年のご挨拶を申し上げます.

本日はさまざまなことをさせていただいております.

事務は明日4日から執らせていただきます.

今年も事務,事務,事務に邁進し,1年後の失職の可能性をどんどん高めていきますので,よろしくお願いいたします.

|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »