« 釜石市唐丹小白浜の状況 | トップページ | 2010年以前の岩手県沿岸部の写真 »

2011年3月20日 (日)

釜石市唐丹本郷の津波遡上高推定に補足

釜石市唐丹本郷地区の津波遡上高について,補足事項が出ましたので追記します.

昭和三陸津波後に高所移転したことで知られる釜石市唐丹本郷地区.近年,低地に少しずつ家屋が建ち始めていた.1977年の空中写真と比較.
http://twitpic.com/4aqdcp

唐丹本郷地区,衛星写真によって見た今回の被害状況.元々の高所移転集落は無事だったが,20m以下の低地に新しく建てられた家屋は壊滅した.高所移転の難しさを痛感する.
http://twitpic.com/4aqdtv

釜石市唐丹本郷の空中写真が国土地理院から出たので見てみました.衛星画像よりやや明瞭.遡上高がやや高く,奥の方では20m代後半(26~28m)に達している可能性がある.

RT @pureya_5: @disaster_i 実家が星座石登り口のすぐそばの高台にあります。(画像右側の4軒並んで家が建っているところ) 実家の庭先まで津波到達したとのことなので、30mは超えていると思います。30〜35mの間だと思います。

釜石市唐丹本郷の津波遡上状況.昨日の公開写真の記述に一部誤りがあったことと,新たな証言が得られたことから再再度のUPをします.この付近の遡上高は30m近くに達していた可能性があります.
http://twitpic.com/4b9g1s

|

« 釜石市唐丹小白浜の状況 | トップページ | 2010年以前の岩手県沿岸部の写真 »