« 「地震→校庭に避難→点呼」という訓練は見直そう | トップページ | 機転きかせて避難、全校無事 大船渡小と越喜来小 »

2011年3月25日 (金)

気仙中学校の避難状況

関心を持った記事をコメント付きでクリップしていきます.既にツイートしたものもあります.

気仙中学校は気仙川河口脇に立地.「近くの公民館」は隣の地区の二日市公民館かと思われる.あらかじめ決めていた避難場所ではないはずで,迅速な全員避難にほっとする.

-------------------------
東日本大震災:「必ず卒業式を開く」 陸前高田の中学教諭が誓い /岩手

 壊滅的な被害を受けた陸前高田市気仙町唯一の中学校、市立気仙中は校舎が倒壊し、15日に予定した卒業式を開くめどが立たないでいる。廃虚と化した同校に卒業アルバムなどを探しにきた同校の中里勝明教務主任(48)はぼうぜんと学校跡地を見つめていたが、「何カ月、何年たったとしても必ず卒業式を開く」と誓った。

 11日午後2時40分ごろ、3年生25人は体育館で卒業式の予行練習をしていた。午前中には卒業アルバムも届き、あとは式を待つばかりだった。そこに突然の地震と津波。生徒と教員は早い段階で近くの公民館に逃げ込み全員無事だったが、津波は卒業証書、卒業アルバムを、生徒たちから奪い去った。

 一部の生徒は今も避難所で過ごしている。おもしろい話で避難所に明るい雰囲気を作り出すムードメーカーばかりだ。

 3年生の副担任、蒲生正光先生(46)は、25人の生徒たちを「このつらさを乗り越えられる。その時は手作りでも卒業証書をあげたい」とほほえんだ。卒業予定の佐藤駿さん(15)は「卒業アルバムは流されたけど、この地震で仲間がいる幸せを知った。今心にある思い出をいつかみんなで形にしたいです」と話した。【石山絵歩】

毎日新聞 2011年3月15日 地方版

|

« 「地震→校庭に避難→点呼」という訓練は見直そう | トップページ | 機転きかせて避難、全校無事 大船渡小と越喜来小 »