« 岩手県内で小中学生の犠牲者が相対的に少なかったこと | トップページ | 現地踏査写真の整理 »

2011年4月 6日 (水)

災害現場と「見物人」

4月6日付け毎日新聞より.

これまで私が見た豪雨災害の現場にも,災害直後から多数の「見物人」がいました.「見物人」が災害後3週間ほどはほとんどいなかったこと,「見物人」の存在が公言されたことが今回の特徴と言えるでしょう.

RT @HayakawaYukio: @disaster_i 「「見物人」の存在が公言されたこと」がどんな意味合いを持つと考えましたか?

今回の災害では「現実の災害現場には存在してるけど一般メディアでは語られなかったこと」が一部語られるようになっています.「見物人」もその一例. 「きれいごと」で覆い隠さず,現実的な災害事象についての論議が今までよりできるようになった,という意味合いがあると思います.

実は,3月29日に陸前高田に行ったときに受けたいくつかの衝撃の一つが,「災害現場に見物人が皆無である」ということでした.それだけ超越した災害なんだな,と.でも,災害現場における「機能」で言えば私も見物人みたいなものでありますが.

--------------------------
<東日本大震災>「見物人」増で車両規制 宮城・亘理町、独自の通行証発行

 ガソリン供給や道路事情の改善で東日本大震災の被災地への交通アクセスが改善されるにつれ、被災地への“見物人”が増え始めている。行方不明者の捜索やがれき撤去の妨げになるケースもあり、宮城県亘理町は被害が大きい地域に入る車両を規制することを決め、町長が発行する通行許可証を5日から被災者に配り始めた。

 県南部の亘理町は震災で死者238人、行方不明54人の被害(4日現在)を受けた。町災害対策本部によると、津波で住宅が流されたり、海岸から離れた場所に漁船が漂着するなど無残な姿の被災地に県外ナンバーの車で乗りつけ、騒ぎながら写真を撮ったりする人が最近になって徐々に目立つようになった。

 先週末には、がれきをよけてようやく1車線分が確保された道路に、こうした車が数珠つなぎになる光景も見られたという。中には県外から駆け付けた被災者の親類などが交じっている可能性もあるが、防犯ボランティアが身元や目的を尋ねると言葉を濁して立ち去る人が多いという。

 町内では自衛隊や他県からの消防応援など計300人以上が行方不明者を捜索しているが、災害対策本部によると「捜索しようとしても、撤去したがれきを運ぶダンプカーが渋滞に巻き込まれてしまう。3分で行ける仮処分場まで30分かかることもある」という。

 そこで独自の通行証3000枚を急きょ作成。避難所などで配布したうえで、被災地に通じる道の主要ポイントでチェックすることにした。

 担当者は「手間は増えるが、一刻も早く一人でも多くのご遺体を見つけ、復興につなげるために理解してほしい」と話す。【丹野恒一、写真も】

|

« 岩手県内で小中学生の犠牲者が相対的に少なかったこと | トップページ | 現地踏査写真の整理 »