« 東日本大震災犠牲者(東北3県以外)の原因別分類・4月30日時点 | トップページ | 陸前高田市中心部付近の津波到達時刻の推定 »

2011年5月 6日 (金)

岩手,宮城,福島の犠牲者について

岩手,宮城,福島以外での震災による死者・行方不明者について, http://goo.gl/MMOi6 に先にまとめました.津波に犠牲者が偏在し,建物倒壊による犠牲者が全域的にほとんど生じていない事が確認されます.筆者は建築の専門性がありませんので,このことの意味についてはコメントできません.構造物の損壊による人的被害が目立たなかったという事実だけを指摘します.

岩手,宮城,福島の犠牲者についてはあまり詳しい検討ができません.今のところ,津波と明らかに関係のなさそうな内陸の市町村での死者・行方不明者数は67名,うち土砂災害が25名以上,建物倒壊は1名,あとはまだ不明です.これら3県では,ダブルカウントも出ています.建物倒壊に伴う犠牲者が非常に少なく,むしろ土砂災害の犠牲者が目立ちます.なお,この集計では,福島県須賀川市でのダム決壊による犠牲者10名を土砂災害に含んでいます.

4/30消防庁資料を元にした市町村別死者・行方不明者数.最多は宮城県石巻市の5649人.2番目は岩手県陸前高田市の2212人.1000人以上は釜石市,大槌町,気仙沼市,名取市,東松島市,女川町,南三陸町,南相馬市となっています. http://twitpic.com/4tydbd

2005年国勢調査500mメッシュと国土地理院資料を元に,津波浸水域の人口を市町村別に求め,死者・行方不明者の比率を示します.最多は女川町16.4%.10%以上が陸前高田市,大槌町,南相馬市となります. http://twitpic.com/4tyfdd

石巻市の犠牲者数が多いのは,人口の多いところが広範囲に津波に見舞われたためとも読み取れそうです. http://twitpic.com/4tygab

浸水域人口が多い(31002人)割に犠牲者が少ない(22人,0.1%)のが塩竃市.塩竈も松島と同様に外力としての津波の規模が相対的に弱かったことが影響していそうです.浸水面積自体は少なくないので,津波の流速が弱かった結果なのかも知れません.

岩手県沿岸部で犠牲者率が比較的低いのは,久慈市(浸水域人口4316人,犠牲者4人,0.1%),洋野町(1725,0,0.0%),普代村(719,1,0.1%),岩泉町(961,7,0.7%).洋野,久慈あたりは外力の違いも関係ある?

|

« 東日本大震災犠牲者(東北3県以外)の原因別分類・4月30日時点 | トップページ | 陸前高田市中心部付近の津波到達時刻の推定 »