« 東日本大震災による死者・行方不明者 -3県以外・原因別犠牲者数- | トップページ | 東日本大震災に伴う死者・行方不明者の特徴(速報) »

2011年6月17日 (金)

東日本大震災による死者・行方不明者 -3県以外・遭難場所と避難行動-

岩手・宮城・福島の3県以外の犠牲者の分類

(2)被災場所別犠牲者数
 3県以外の犠牲者70名を,遭難場所で分類し,牛山ら(2009)で示した2008年岩手・宮城内陸地震と,2004年新潟県中越地震の犠牲者と比較した図が図 14である.不明が2割ほど存在するが,自宅付近での遭難者が半数に及んでいない事が注目される.平日昼間の発災であったことを反映しているのかも知れない.ただし,自宅住所と遭難場所の関係について集計すると,居住市町村内での遭難者が6割を占めており(図 15),岩手・宮城内陸地震のように外来者ばかりが遭難した事例とは様相が異なる.
F14
図 14 被災場所別犠牲者数(3県以外と過去2事例)
F15
図 15 自宅住所別犠牲者数(3県以外と過去2事例)

(3)津波避難行動
 津波による犠牲者26名について,避難行動の状況を整理したのが図 16である.半数が不明だが,判明した犠牲者13名のうち,10名は何らかの避難行動をとっていた.ただし,一旦安全な場所に避難した後に低い場所に戻り,遭難している犠牲者が10名中5名に上っている.極めて断片的なデータにもとづく結果ではあるが,一つの示唆は与えているように思われる.
F16
図 16 津波犠牲者の避難行動(3県以外)

|

« 東日本大震災による死者・行方不明者 -3県以外・原因別犠牲者数- | トップページ | 東日本大震災に伴う死者・行方不明者の特徴(速報) »