« 災害情報としての「標高」の重要性と電子地図のあやふやさ | トップページ | 緊急警報放送がもっと活用されるといいのに »

2011年7月14日 (木)

牛山のコメント・研究成果が掲載された報道記事等(6/5~7/12)

  • 「地域特性踏まえ防災」 市議研修会で講演-静岡大・牛山准教授,静岡新聞,2011.06.10
  • 耐震性確保半数のみ 清水区三保の「津波避難ビル」,中日新聞,2011年6月12日
  • 「地域に即す対応必要」 牛山静岡大准教授が被災地報告-磐田市自主防連,静岡新聞,2011.06.12
  • 全680校 防災対策調査へ 県教委 想定外事態に備え=群馬,読売新聞,2011年6月19日
  • 時評=大震災時の津波被害-想定だけでは防げない,静岡新聞,2011年6月29日
  • 防災アンケート 自治体「避難で減災」 津波対策 ビル確保急ぐ(解説),読売新聞,2011年7月12日
  • 大震災から4ヶ月 行方不明5200人 1日1700人減った石巻,サンデー毎日,2011年7月24日号
  • 豪雨災害に備える雨量・水位情報についてのコメント,SBS静岡放送「SBSイブニングeye」,2011年7月5日
  • 松崎町津波防災施設についてのコメント,SBS静岡放送「SBSイブニングeye」,2011年7月11日

|

« 災害情報としての「標高」の重要性と電子地図のあやふやさ | トップページ | 緊急警報放送がもっと活用されるといいのに »