« 災害情報という防災対策は難しい | トップページ | 大雨災害と防災に関するアンケート調査結果報告会・8/30岩手県住田町 »

2011年8月26日 (金)

自然災害から身を守る防災気象情報の活用について説明会・8/30陸前高田市

8月30日に岩手県気仙地方で2件の講演をいたします.まず1件目のご案内.

--------------------------
自然災害から身を守る防災気象情報の活用について 説明会
--------------------------
○趣旨
 東日本大震災津波により壊滅的な被害のあった陸前高田市において、現在、全国からの多くの方々によるボランティア活動や復興支援活動が行われている。ところが、津波により陸前高田市市街地の防災行政無線がなくなっていることから、現場で従事されている方々に対して、防災に関する情報伝達方法が限られている状況である。幸い、携帯電話による防災気象情報の提供は可能となっていることから、携帯電話を活用し、確実に防災情報を入手する必要がある。
このようなことから、改めて災害時における避難のあり方について理解を深めるとともに、全国からお集まりいただいているボランティアや現場で従事される方々に対し、携帯電話による防災情報の提供サービスの活用について周知が図られるよう、説明会を開催するものである。

○ 開催日時・場所
平成23年8月30日(火) 15時30分 ~ 16時30分
竹駒地区コミュニティーセンター
〒029-2203 陸前高田市竹駒町字舘44
TEL 0192-54-2943

※どなたでも参加できるとのことです

○ 主催
静岡大学防災総合センター、岩手県、陸前高田市

○プログラム
【防災講演】
 演題/自然災害から身を守る防災情報
 講師/静岡大学防災総合センター副センター長
                      准教授 牛山素行 氏
【防災情報説明】
 いわてモバイルメールの登録の仕方

|

« 災害情報という防災対策は難しい | トップページ | 大雨災害と防災に関するアンケート調査結果報告会・8/30岩手県住田町 »