« まとまった豪雨が異様に少ない年は2008-2010の3年間で終わった模様 | トップページ | 平成23年7月新潟・福島豪雨による災害に関するメモ »

2011年8月 1日 (月)

五十嵐川流域を現地踏査

昨日7月31日は新潟県三条市,五十嵐川流域を踏査してきました.主要な写真を公開しました. http://t.co/w3u60QN

三条市街地から五十嵐川右岸側を南五百川地区付近まで移動.また,同川支流守門川を少しだけ南下.この範囲での印象は,住家密集地での大規模な浸水は見られないと感じました.

一方山間部では,かなり多くの斜面崩壊や土石流・土砂流,河川沿いの側岸浸食が見られました.これらによる家屋の損壊が至る所で発生している状況ではありませんが,ごく局所的な被害ともいえません.

新潟県の発表している被害概況
http://www.bousai.pref.niigata.jp/contents/kinkyu_sizen/002687.html

から見ると,まだ把握されていない被害が多いとは思いますが,2004年の豪雨災害を大きく上回るような被害となっているとまでは言えないような印象ももちます.まだ断定はできませんが,そうだとすれば,それはそれで関心の持たれるところです.

踏査ルートのイメージ.厳密に示していません. http://t.co/2kR6ILu

|

« まとまった豪雨が異様に少ない年は2008-2010の3年間で終わった模様 | トップページ | 平成23年7月新潟・福島豪雨による災害に関するメモ »