« 奈良県南部・降水量関係のグラフ | トップページ | 台風12号による災害の特徴・9/4 19時時点 »

2011年9月 4日 (日)

台風12号災害・人的被害の特徴についての検討

台風12号に伴う人的被害などの発生位置を地図上に整理しました. http://g.co/maps/ujxc 地名から機械的に位置をつけたものですから不正確です.「正確な位置」が気になる人は見ないでください.

和歌山県日高川町で車が冠水して1名死亡とのこと.避難途中の遭難のようで,事例的に少なく,非常に痛ましい.

NHKによると死者7,行方不明者31名とのこと.どうも,あらたな人的被害が次々に報じられてくる状況.このままの値だとすれば,2004年台風23号(死者不明者98名)以来の規模.それ以前だと1999年広島・福岡豪雨(同40名)が同等.家屋被害も床上浸水数千棟規模は行くのでは.

そうこうしている間に,死者8,不明33になってしまった.死者・不明者41名.人的被害の規模で言うと最近十数年で2番目に大きな規模になりつつある.

新宮市で8名,那智勝浦町で7名が行方不明となっているという情報があるが,詳細が分からない. http://goo.gl/TjqFZ

被害状況がまだはっきり見えてきませんが,最近約20年間で見ると,2004年台風23号に次ぎ,平成5年8月豪雨に匹敵する規模の災害になりつつあると考えます.

和歌山県内だけで死者・行方不明者が40人以上となる模様ですが,1県で豪雨災害の死者不明者が40人以上となったのは,最近20年間では1993年8月の鹿児島県(49)のみ.1980年代では1983年7月島根県(107),1982年7月長崎県(299),1970年代には5回.

Reading:NHKニュース 奈良・天川村で避難指示 http://nhk.jp/N3xV6RnD 豪雨起因の天然ダム決壊を懸念しての避難指示は最近ではかなり珍しいとおもわれます.

台風12号関係遭難者の遭難場所の位置図を随時追記しています. http://g.co/maps/p63y まだよく分からないところが多いのですが,土砂災害より洪水に関わる遭難者が多いように感じています.分類方法については http://goo.gl/k2V6S

|

« 奈良県南部・降水量関係のグラフ | トップページ | 台風12号による災害の特徴・9/4 19時時点 »