« 土砂災害の多くは「想定された場所」で発生している | トップページ | 名古屋市で100万人規模の避難勧告が出たことについての考察 »

2011年9月22日 (木)

台風2011年15号によって静岡県内で人的被害が生じた箇所を現地踏査

台風2011年15号は静岡県内にも大きな被害をもたらし,死者・行方不明者が3名となりました.静岡県内で死者不明者3名以上の災害は2004年以来のことで,1990年代以降では2回しかありません.

人的被害が発生した場所のうち,静岡市清水区布沢と,富士市蓼原野現場を9月22日に現地踏査しました.写真は以下の通り.

http://goo.gl/Q7rMZ

清水区布沢の現場は3人家族の住家で,101歳の女性が死亡.不付近の住民の話によると発生は9/21の15時半頃.亡くなった女性の息子とその妻は庭の付近にいて,土砂に巻き込まれたものの助かり,家の中にいた女性のみが亡くなったとのこと.100歳を超えた方ですが,寝たきりということはなく時々杖を突いて歩く姿を見ていたとのこと.

地形的には小さな谷の直下で,急傾斜地崩壊危険箇所です.

|

« 土砂災害の多くは「想定された場所」で発生している | トップページ | 名古屋市で100万人規模の避難勧告が出たことについての考察 »