« ワークショップで出た意見のカード化 | トップページ | 【講演】 3月3日:長野県茅野市 3月11日:静岡県袋井市 »

2012年2月22日 (水)

「決められた避難場所へ避難することが市民防災の最善の行動」ではない

本日は,中央防災会議「災害時の避難に関する専門調査会」
http://goo.gl/pjdFl
のため内閣府へ行きます.前回1/31の会合はまだ議事概要が出ていないですが,議論はだいぶ整理されてきたと感じています.

この専門調査会の中でもかなり話題になっていることですが,「避難」が,地震災害をイメージして非常に画一的,単純にとらえられていることに問題があると私は考えています.「避難」の場所や目的は,災害の進展状況によって異なります.「進展状況」は「経過時間」と言い換えてもいいでしょう.ただし「時刻」ではありません.夜と昼で違うといった話ではなく,危険が切迫しているかどうかということです.
http://t.co/30LOrGZG

避難の目的が「いのちをすくう」ことなのであれば,避難で「いのちをすくう」効果が最も大きいのは津波災害です.一方,避難によって「いのちをすくう」ことがほとんど期待できないのが地震災害です.避難することで「いのちをすくう」効果は期待できるものの,その判断が非常に難しいのが豪雨災害です.
http://t.co/TLuAa8jN

|

« ワークショップで出た意見のカード化 | トップページ | 【講演】 3月3日:長野県茅野市 3月11日:静岡県袋井市 »