« 今回も土砂災害は起こるべき場所で起こっている | トップページ | 【後日訂正】「経験したことのない大雨」情報の伝え方は変わっていない »

2012年7月16日 (月)

「水田や用水路の見回り中に水路に転落するなどして死亡」について

農家が「ちょっと田んぼ見に行ってくる」理由 - NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2134207976414114901

これが話題になっているので,この件について少し考えるところを書いてみます.

災害時に「移動や避難の目的ではなく,自らの意志で危険な場所に接近したことにより遭難した者」を私は「能動的犠牲者」と定義しています.私の集計では,2004-2011年の豪雨災害犠牲者398人中132人(33.2%)が「能動的犠牲者」です. http://t.co/Qbb34wU1

「能動的犠牲者」132人のうち37人(28%)が「水田や用水路の見回り中に水路に転落するなどして死亡」というケースです.豪雨災害犠牲者全体に対しては9.3%.少なくない数です. http://t.co/o9i8Kzqc

「水田や用水路の見回り中に水路に転落するなどして死亡」を含め,「能動時犠牲者」は,(それぞれ事情があって)危険な状況であることは理解した上で行動し,遭難しているわけで,単に情報伝達すればよいというような簡単な方法では被害軽減できない,難しい遭難形態だと考えています.

豪雨災害時の人的被害に関する研究
http://goo.gl/ofOW8

|

« 今回も土砂災害は起こるべき場所で起こっている | トップページ | 【後日訂正】「経験したことのない大雨」情報の伝え方は変わっていない »