« 平成24年7月九州北部豪雨(仮称)の特徴 7/13午後現在 | トップページ | 今回も土砂災害は起こるべき場所で起こっている »

2012年7月15日 (日)

熊本県阿蘇市付近を現地踏査

昨日7月14日,豪雨に見舞われた熊本県阿蘇市付近を現地踏査してきました.前日夕方の天気予報ではくもりがちの日と出ていたので出かけたのですが,いざ着いてみるとかなりの豪雨.福岡県内ほどひどくはないものの,積極的に動くのは難しいと考えました.状況を見つつ,遠巻きに数カ所を踏査してきました.

阿蘇市一の宮町三野三閑.左手の斜面崩壊により住家が倒壊し,1名が死亡.左の家屋の裏の家屋で犠牲者が出た.発生時刻は明け方04~05時頃とのこと.
http://goo.gl/We3xk

三野付近は斜面崩壊だけでなく,浸水にも見舞われた.中央家屋のパイプ付近に浸水痕跡有り(床上浸水).
http://goo.gl/xEY8D

阿蘇市一の宮町坂梨福岡.土石流により住家が倒壊,流失し,4名が死亡.05時から06時頃とのこと
http://goo.gl/quef6

写真中央付近に犠牲者の出た住家があった模様.住家付近の勾配は3度程度
http://goo.gl/DELOe

菊池市旭志伊坂.矢護川の氾濫に伴う側岸浸食で3棟の基礎が露出する状況に.水位上昇を警戒した避難行動により犠牲者は出なかった
http://goo.gl/n1zcQ

様子を見つつの行動だったのであまり地点数は多くありませんが,他の写真も含めたアルバムはこちら.
http://goo.gl/OzbnV

|

« 平成24年7月九州北部豪雨(仮称)の特徴 7/13午後現在 | トップページ | 今回も土砂災害は起こるべき場所で起こっている »