« リアルタイム豪雨表示システムを閉鎖しました | トップページ | 豪雨の頻度および豪雨による被害の経年変化 »

2013年4月 8日 (月)

2013年4月6日の静岡県牧之原市付近での豪雨災害に関するメモ

●概況

2013年4月6日夜,発達した低気圧の影響により関東以西の各地に豪雨がもたらされた.静岡県牧之原市では,6日夕方から急速に雨脚が強まり,19時~23時頃にかけて激しい豪雨となった.同市では市内の坂口谷川、勝間田川、萩間川の水位観測所でいずれも氾濫危険水位を超過し,これら流域の4400世帯に避難勧告が出された.

●災害当日の牛山のツイートから

  • 静岡 牧之原市で避難勧告 NHKニュース http://nhk.jp/N46r5l9p
  • 雨域が急速に発達したから,予測が難しそうなパターンだ.牧之原市ほかへの大雨警報発表は1936で,20時半には避難勧告を出すような状況だから,かなり厳しい状況と言う印象. 降水量自体は,データの確認できる観測所中での積算降水量最大が牧之原市静谷(県)で2200時点で234だから,この地域としても極端に大きくはない.ただしまだ止んでいない.
  • 牧之原市HPに避難勧告が掲示されていた http://goo.gl/Iz12X 「避難勧告を発令します。 市内の河川において、氾濫の危険があります。 坂口谷川流域、勝間田川流域、萩間川流域の浸水危険区域にお住まいの方は避難所へ避難してください。 避難所は静波体育館、細江コミュニティセンター、大江区民会館、相良小学校体育館です。 なお、避難する際は、十分に注意してください。            午後9時40分現在」 という表現.
  • 牧之原市は先月洪水ハザードマップを公表したばかり. http://goo.gl/Hv8w0
  • 牧之原市ではエリアメールで避難勧告を流したように思われます.
  • 雨脚が急に強まり,水位が急に上がる状況のようなので,「決められた避難所」へ行くことが最善とは限らない,大変難しい判断をせまられるパターンと思われます.「避難はかえって危険です」とも言い切れない.個々の現場の状況次第.
  • 牧之原市内の県観測所の過去記録は不明だけど,アメダス菊川牧之原の1978年以降最大値は24時間471,1時間110,2時間162で,本日はここまでの降水は記録されていない.ただ,24時間,2時間の最大値は1982年の記録なので,久しぶりの豪雨とは言えるかも.

●現地踏査(2013/4/7)

天気図 

解析雨量 

 

|

« リアルタイム豪雨表示システムを閉鎖しました | トップページ | 豪雨の頻度および豪雨による被害の経年変化 »