« 2013年8月12日秋田県仙北市・大館市付近豪雨災害現地踏査写真 | トップページ | 雫石町橋場のバスが洪水に巻き込まれた現場は多分旧河道 »

2013年8月14日 (水)

2013年8月13日岩手県花巻市・矢巾町・雫石町付近豪雨災害現地踏査写真

2013年8月13日に,8月9日に豪雨に見舞われた岩手県花巻市・矢巾町・雫石町付近を現地踏査しました.主な写真を上げます.

花巻市大迫.住家の裏山が崩壊し,1名が死亡した現場.斜面の高さ約9m,崩壊の幅約5m,斜面長約20m.ただし崩壊したのは上側1/3程度.崩壊土砂量は100m^3以下か.斜面上部は畑で,少し盛土もしていた模様. pic.twitter.com/59hzUl0M65

矢巾町矢巾.岩崎川の氾濫により浸水.浸水深はおおむね数十センチ.流失家屋は確認できない.また,洪水流による擁壁,柵などの損壊も確認できない. pic.twitter.com/h7ODKP6Voo

雫石町橋場.バスが洪水に巻き込まれ孤立,車が流されてバスに当たり,バスの乗客らに救助された事案が発生した現場.中央付近で竜川が溢水し,道路に洪水流が流れ込んだ模様. pic.twitter.com/7z5HtKWShj

竜川が溢水した地点.左側に橋があり,そこに流木等がかかって閉塞した可能性もあるが,水量そのものが多量になって溢れたというのが実情のように思われる. pic.twitter.com/10Y6MiOSZE

田沢湖線(空想的秋田新幹線)脇の斜面崩壊.このような崩壊,土砂流出現場が国道46号から見えるだけでも複数確認.よく2日そこそこで復旧したものだ… pic.twitter.com/2ZxiGnY7pQ

盛岡市繋温泉.こういった小規模な斜面崩壊が多発し,温泉街に土砂が多く流出しているが,大規模な土石流とはなっておらず,住家の倒壊,流失には至っていない. pic.twitter.com/RJPSVSOujG

盛岡市繋温泉.急傾斜地ののり面工事が効果を発揮したであろう例.こういった工事がかなりなされていたことが大きな被害(遭遇した人にとっては決して小さい被害ではないと思いますが)につながらなかった一因では. pic.twitter.com/TPfYB6GPg7

結果的に,旅館の建物が窪地状の場所を形成し,土砂をせき止めるような結果となってしまった事例. pic.twitter.com/JtBsIOKTay

|

« 2013年8月12日秋田県仙北市・大館市付近豪雨災害現地踏査写真 | トップページ | 雫石町橋場のバスが洪水に巻き込まれた現場は多分旧河道 »