« 豪雨災害 犠牲減らすには-実態把握して対策を | トップページ | そもそも「災害」とはなにか »

2015年7月 3日 (金)

7/18(土)静岡市内で講演「2014年広島豪雨災害時の人的被害の特徴とその影響」

 7月18日(土)午前,静岡市内で講演します.どなたでも参加できますので,関心をお持ちの方はご参集ください.
-----------------------------
第79回ふじのくに防災学講座
■日程
 平成27年7月18日(土) 10時30分~12時00分
 
■テーマ
  「2014年広島豪雨災害時の人的被害の特徴とその影響」
 
■講師
 静岡大学防災総合センター 牛山素行 教授
 
■概要
 2014年8月20日に広島市周辺で発生した豪雨により、同市内で74人の犠牲者が生じた。この災害時の人的被害の特徴を、最近の他の事例と比較して述べた上で、同災害を契機として国や自治体などによって行われた検討や対策について振り返る。

|

« 豪雨災害 犠牲減らすには-実態把握して対策を | トップページ | そもそも「災害」とはなにか »