« 2016年台風10号 降水量資料 | トップページ | 2016/9/2岩手県岩泉町現地踏査雑感 »

2016年9月 4日 (日)

2016年台風10号に伴う岩手県岩泉町のグループホーム被災について雑感

2016年台風10号による豪雨に伴って発生した洪水により,岩手県岩泉町のグループホーム「楽ん楽ん」で,死者9人の人的被害が生じた.

いわゆる要支援者関連施設で風水害による犠牲者が出ることは繰り返し懸念されていたが,実際に犠牲者に繋がる実例はかなり稀で,私が調べている2004年以降では,2009年防府市で土砂災害により7人(後関連死3人追加認定)が唯一の例.洪水によるケースは確認できない.

要支援者関連施設について,私は十分知見を持たない.災害現象としての課題とは別に,こうした施設の運営上の課題もいろいろあると思われ,この点については言及できない.少なくとも「情報不足」「情報が届いていれば」というだけの問題ではないように思う.

グループホーム「楽ん楽ん」はこのあたりか.浸水想定区域図は整備されていないか.まあ,それはそうだろう. pic.twitter.com/7N1fbMZDWl

グループホーム「楽ん楽ん」の付近,国土調査の5万分の1地形分類図でみると「谷底平野及び氾濫平野」となっている.地形的に洪水及び洪水による災害が発生しない「想定外」な場所とはいえない.

なお,地形分類図は「あれは違う」とか言うご意見をいただく事が想定されるので提示しない.いつも思うことだけど,地形分類図を平時には「防災教育に有効」とか言っているくせに,いざ災害時に参照すると「その図は間違っている,定義がどうのこうの」とか言う人たちは,早く「間違ってない地形分類図」を全国整備することに尽力して欲しいと思う.

犠牲者の出たグループホームの付近は,量的にはそれほど激しい雨は降っていなかったけど,上流でたくさん降ってしまった.これが影響している可能性はあるかもしれない.あくまでもぼんやりした思いつきの話.

|

« 2016年台風10号 降水量資料 | トップページ | 2016/9/2岩手県岩泉町現地踏査雑感 »