« 長野市穂保の千曲川破堤現場付近の微地形 | トップページ | 洪水ハザードマップの補完としての地形分類図とその問題 »

2019年10月22日 (火)

台風19号人的被害の発生場所・10/22共同配信記事からの雑観

10月22日付の中日新聞(共同配信記事)によると,台風19号による死者83人,行方不明11人.内訳は移動中・外出中が36人(うち車は25人),自宅が30人,船舶8人,不明20人とのこと.
https://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2019102202000066.html

状況判明者(船舶遭難除く)の5割強が屋外ならば,これまでの風水害よりやや多いと言える.車内が状況判明者の4割弱というのはかなり多いと言っていい.まだ不明が多いのであまりいろいろなことは言えないが.

何度も出しているけど,当方の調査による1999-2018年の風水害犠牲者の遭難場所の分類結果はこちら.

15 14

車の犠牲者が多いから「車での避難が危険」「避難は徒歩で」とは言えない.屋外犠牲者全体で見れば徒歩行動中が7割.風雨が激しいときには屋外をなるべく行動しない,というとが重要かなと思います.

|

« 長野市穂保の千曲川破堤現場付近の微地形 | トップページ | 洪水ハザードマップの補完としての地形分類図とその問題 »