« 2019年台風19号による家屋被害と人的被害 | トップページ | 10月31日福島県内現地踏査雑感 »

2019年10月31日 (木)

2019年台風19号災害時の災害情報に関するアンケート【2019/10/29速報版】

当方では,台風19号による影響を受けた,神奈川県,長野県,静岡県の一部を対象に,台風接近前後の対応や,防災情報に対する認識などについての調査を実施しました.主な結果は以下のようになります.

  • 警戒レベルの数値と,避難勧告等の言葉の関係を適切に認知は3~4割
  • 「災害発生情報」という言葉は,レベル1や2と認識の回答が4割で,危険性の高い情報と受け止められていない可能性
  • 「狩野川台風に匹敵」という情報は8割前後の回答者が聞いていた.狩野川付近で大きな被害というイメージにある程度つながった可能性
  • 居住市町村での被害は神奈川,静岡では6割程度がイメージ.長野では3割程度
  • 自宅の停電,暴風の被害は比較的多くの回答者がイメージ,洪水をイメージした回答者は少
  • 実際には特別警報が発表されていない地域でも6割前後が発表と認識
  • 台風上陸当日の外出予定を何らかの形で取り止め・変更した回答者は,神奈川,静岡では8割以上が実施だが,長野では6割程度

調査結果概要スライド - 20191031report.pdf

20191029_v2

 

|

« 2019年台風19号による家屋被害と人的被害 | トップページ | 10月31日福島県内現地踏査雑感 »