2017年8月16日 (水)

「平成29年7月九州北部豪雨」現地調査速報会(8/24東京・日本気象協会)

静岡大学防災総合センター牛山研究室では,「平成29年7月九州北部豪雨」による災害に関し,一般財団法人日本気象協会と合同で現地調査を行いました.去る8月7日に調査速報会を実施する予定でしたが,台風5号の影響により中止していました.このたび,8月24日にあらためて実施することとなりましたので,ご案内します.
 
「平成29年7月九州北部豪雨」現地調査速報会
 
■概要
  • 日時:平成29年8月24日(木) 14:00~16:00 (開場13:30)
  • 場所:一般財団法人日本気象協会 第1・2会議室(東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60・55階)
  • 定員:先着50名程度
  • 参加費:無料
■内容
  • 気象メカニズムの解説、現地調査結果の報告(仮) (日本気象協会  30分程度)
  • 平成29年7月九州北部豪雨による人的被害発生状況・発生場所の特徴(静岡大学防災総合センター牛山素行教授  60分程度)
■申込
下記の申込用紙(Wordファイル)の内容をご確認ください.準備の都合上、8月22日(火)までにお申し込みくださいとのことです.

|

2017年7月31日 (月)

「平成29年7月九州北部豪雨」現地調査速報会(東京・日本気象協会)

静岡大学防災総合センター牛山研究室では,「平成29年7月九州北部豪雨」による災害に関し,一般財団法人日本気象協会と合同で現地調査を行いました.このたび,同協会において,調査速報会を開催することとなりましたので,ご案内します.
 
「平成29年7月九州北部豪雨」現地調査速報会
■概要
  • 日時:平成29年8月7日(月) 13:00~15:00 (開場12:30)
  • 場所:一般財団法人日本気象協会 第1・2会議室(東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60・55階)
  • 定員:先着50名程度
  • 参加費:無料
■内容
  1. 気象メカニズムの解説、現地調査結果の報告(仮) (日本気象協会  30分程度)
  2. 平成29年7月九州北部豪雨による人的被害発生状況・発生場所の特徴(静岡大学防災総合センター牛山素行教授  60分程度)
■申込
下記の申込用紙(Wordファイル)の内容をご確認ください.準備の都合上、8月3日(木)までにお申し込みくださいとのことです.

「20170807.docx」をダウンロード

なお,すでにご案内していますように,同趣旨の速報会を,8月4日(金)に静岡市内でも実施予定です.
 
「平成29年7月九州北部豪雨による災害・現地調査速報会」のお知らせ

|

2015年7月 3日 (金)

7/18(土)静岡市内で講演「2014年広島豪雨災害時の人的被害の特徴とその影響」

 7月18日(土)午前,静岡市内で講演します.どなたでも参加できますので,関心をお持ちの方はご参集ください.
-----------------------------
第79回ふじのくに防災学講座
■日程
 平成27年7月18日(土) 10時30分~12時00分
 
■テーマ
  「2014年広島豪雨災害時の人的被害の特徴とその影響」
 
■講師
 静岡大学防災総合センター 牛山素行 教授
 
■概要
 2014年8月20日に広島市周辺で発生した豪雨により、同市内で74人の犠牲者が生じた。この災害時の人的被害の特徴を、最近の他の事例と比較して述べた上で、同災害を契機として国や自治体などによって行われた検討や対策について振り返る。

続きを読む "7/18(土)静岡市内で講演「2014年広島豪雨災害時の人的被害の特徴とその影響」"

|

2014年12月30日 (火)

自然災害科学中部地区研究集会(2015/3/7)の発表者募集ご案内

下記の要領で研究集会を実施します.発表者の申込を受け付けておりますので,ご検討ください.

--------------------------
名称:平成26年度自然災害科学中部地区研究集会
主催:自然災害研究協議会中部地区部会・静岡大学防災総合センター
開催日:2015年3月7日(土)
場所:静岡県地震防災センター会議室
    (静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)

申し込み方法等につきましては,下記のHPをご覧ください.
http://www.disaster-i.net/event/20150307/

この研究集会は学会の地方大会のような場です.研究者,技術者,院生,卒論生などの発表歓迎いたします.中部地区以外の方も発表してかまいませんので,ふるってご参加ください.ただし,これは学術的研究発表の場です.「基礎から勉強する会」や「講演を聞く会」ではありません.「学会発表などしたことがないので優しくしてくれ」という要求にも答えられません.

|

2013年12月21日 (土)

自然災害科学中部地区研究集会(2014/3/1)の発表者募集ご案内

下記の要領で研究集会を実施します.発表者の申込を受け付けておりますので,ご検討ください.
--------------------------
名称:平成25年度自然災害科学中部地区研究集会
主催:自然災害研究協議会中部地区部会・静岡大学防災総合センター
開催日:2014年3月1日(土)
場所:静岡県地震防災センター
    (静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)

申し込み方法等につきましては,下記のHPをご覧ください.
http://www.disaster-i.net/event/20140301/

この研究集会は学会の地方大会のような場です.研究者,技術者,院生,卒論生などの発表も歓迎いたします.ただし,対象は防災分野の研究者・技術者・学生等です.一般向けの講演会ではありませんのでご理解ください.

|

2012年2月14日 (火)

平成23年度自然災害科学中部地区研究集会(2月29日)プログラム確定

1月10日付け本欄 http://goo.gl/7XhWw でも紹介しましたように,2月29日に下記研究集会を行います.研究集会のプログラムが確定しましたのでお知らせします.なお,同内容を下記ページに挙げております.

http://www.disaster-i.net/event/20120229/

---------------------------
平成23年度自然災害科学中部地区研究集会

●概要
主催:自然災害研究協議会中部地区部会・静岡大学防災総合センター
期日:2012年2月29日(水)
場所:静岡県地震防災センター会議室(静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)
   ★会場の駐車場は限られていますので公共交通機関等を御利用ください.

●日程・プログラム
http://www.disaster-i.net/event/20120229/20120229p.pdf

|

2012年1月10日 (火)

2/29中部地域災害科学研究集会のご案内

下記の要領で研究集会を実施します.防災関係の研究者,技術者,学生の皆様の研究発表,ご参加をお待ちしております.

名称:平成23年度中部地域災害科学研究集会
主催:自然災害研究協議会中部地区部会・静岡大学防災総合センター
開催日:2012年2月29日(水)
場所:静岡県地震防災センター会議室
    (静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)

申し込み方法等につきましては,下記のHPをご覧ください.
http://www.disaster-i.net/event/20120229/

なお,この研究集会は学会と同等のもので,防災分野の研究者・技術者・学生等を対象としています.一般向けの講演会ではありませんのでご理解ください.

|

2011年9月25日 (日)

10/16,11/5,11/6にシンポジウムを開催します

10月16日(日),11月5日(土),11月6日(日)に,静岡大学及び当センターが主催で,

多角的な災害教訓から静岡の防災を考える
http://www.shizuoka.ac.jp/event/detail.html?CN=836

というシンポジウムを開催予定です.

しかし,3会場ともに申込者が非常に少ないとのことで,いささか苦慮しております.当センターの併任,客員教員のみなさまが講演される貴重な機会ですので,ご都合の付く方は積極的なお申し込み,ご参加をいただければ幸いです.

★申込については,当センターや私個人では受け付けておりません★
ので,上記ページのチラシをご確認の上,所定の申込先にお申し込みいただきますようお願いいたします.

勝手なお願いで恐縮ですが,何卒よろしくお願いいたします.

|

2011年4月 9日 (土)

4/16静岡で「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震現地調査緊急報告会」

4月16日に,静岡県地震防災センターにて,しずおか防災地域連携 ふじのくに防災学講座「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震現地調査緊急報告会」が開催されます.

http://goo.gl/GWewN

話題提供者は調整中となっていますが,下記で決定しました.

  < 講     師 >
(1)「東日本大震災を起こした地震とその影響」
 小山 真人  静岡大学教育学部教授 防災総合センター副センター長
(2)「静岡県の支援活動」
 岩田 孝仁  静岡県危機管理部 危機報道監
(3)「岩手県沿岸部の現地踏査報告」
 牛山 素行 静岡大学防災総合センター 副センター長・准教授

 < 講座概要 >
平成23年3月11日に発生した「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」は、死者・行方不明者が2万人(3月25日現在)を超え、今まで日本が経験したことのない大規模な津波により、甚大な被害を及ぼし、未だに余震が続いている状況です。今回、被災地にいち早く駆けつけ、現地調査を実施した県内大学の防災研究者、県防災担当者が調査した内容についての緊急報告会です。

|

2011年3月 4日 (金)

防災フェロー養成講座キックオフシンポジウム

週明けの3月7日に,防災フェロー養成講座キックオフシンポジウムが行われます.→PDF http://bit.ly/gi5dDr

キックオフシンポジウムは,本養成講座のスタートをアピールするために公開で行うシンポジウムであり,養成講座そのものではありません.このシンポジウムへの出席によって防災フェローに認定されるものではありません.

シンポジウムの当日分厚い資料集が配られるということもありません.配付資料はほとんど予定されていません.変な期待はしないでください.

|