2012年7月 5日 (木)

「高田松原地区震災復興祈念公園構想会議」に委員として参加させていただくに当たって

結局,報道では東海新報にしか出なかったようですが,一昨日7月3日に盛岡で開催された,「高田松原地区震災復興祈念公園構想会議」(事務局:岩手県・陸前高田市)に,委員として出席してきました.

盛岡市で高田松原整備に向け構想会議 震災復興祈念公園の実現を(東海新報)
http://goo.gl/YTrF8

いわゆる「国営公園」の誘致を考える会議です.陸前高田への「国営公園」誘致については,いろいろな意見があることも聞いていましたので,この会議に委員として参加することは少し迷うところもありました.「他に優先してやることがあるだろう」という意見ももっともなことだと思っています.

当然,国営公園誘致は,今の被災地にとって最優先の課題ではないと思います.しかし,いくつかある課題の一つであることは間違いではないと思います.被災した土地をどう使うかは,何かの形で考えていかなければならないところだと思います.その際には,「よそ者」としての視点も必要だろうと考え,この会議に参画させていただくことにしました.

陸前高田の海岸沿いの被災箇所をどうすることがよいのか,これは「これが絶対に正しい」という答えを出せるものではないと思います.災害,防災に関わる立場から,私なりに考えるところを発言していきたいと思っています.

|

2012年6月15日 (金)

「竜巻等突風予測情報改善検討会」第一回に提出した意見書

牛山も参加している気象庁の「竜巻等突風予測情報改善検討会」 http://goo.gl/M03eM

第一回検討会は欠席させていただいたので,「意見」を文書で提出しました.上記ページ内で公開されてます(PDF)
http://goo.gl/2VMRM

以下に上記の文書を再掲します.
----------------------------
1.2007~2008年度の議論を踏まえた検討を
2006年9月に宮崎県延岡市,同11月に北海道佐呂間町で人的被害を伴う竜巻災害が相次いだことなどを契機として,気象庁は2007~2008年度にかけて「突風等短時間予測情報利活用検討会」を開催し,様々な議論を行ったと聞いております.同検討会での検討成果は,「竜巻注意情報」および「竜巻発生確度ナウキャスト」等のリアルタイム情報の整備や,リーフレット「竜巻から身を守る ~竜巻注意情報~」,冊子「竜巻などの激しい突風に関する気象情報の利活用について」などの作成につながっているものと理解しております.

今回あらたに「竜巻等突風予測情報改善検討会」が開催されましたが,竜巻等突風災害については2007~2008年度の検討会において,すでにかなり議論が積み重ねられているのではないかと思います.現時点において,「竜巻などの激しい突風に関する気象情報の利活用について」等の資料の内容を根本的に改変する必要性に迫られているとまでは言えないのではないかと私は考えています.時間的な制約もありますから,当時行われた議論を十分に踏まえた上で,前回の検討会以降に新たに生じた問題点,あるいは新たに可能となった技術や情報に絞った議論を進めることが重要かと思います.

2.根拠にもとづく改善が重要
今回の検討会において議論が必要かと思われるポイントは,個人的には下記ではないかと考えています.
a)気象情報→雷注意報→竜巻注意情報,という段階的な情報発表方法の妥当性
b)「竜巻注意情報」という呼称の妥当性
c)竜巻注意情報の発表対象地域が府県単位であることの妥当性
d)竜巻注意情報等,突風に関する情報についての知識普及や伝達方法のあり方

検討に当たっては,情報利用者の認識や考え方についての実態を,社会調査等何らかのかたちで調査した上で議論を進めることが必要かと思います.仮に,情報の呼称や制度を改変するのであれば,特定のエピソードや,漠然とした期待感に依拠することなく,「このように改変すればこのような効果が見込まれる」といった,具体的な根拠にもとづくことを目指すべきかと思います.ただし,災害情報においては「利用者の意見や意向が常に正しくそれに従う必要がある」とは私は考えません.利用者の考えを踏まえつつ,技術的に妥当な情報を構築する必要があると思います.
----------------------------

災害情報の呼称や中身をいじるのならば,その情報がどう認識,利用されているかの実態を踏まえた上で議論すべし,というのは従来から私が言ってきたことではあります.しかし,いざそういった検討会の当事者になると,限られた期間中に実施するのはなかなか大変です.

とはいえ,「実態調査を踏まえよ」と言ってきた手前,今回の検討に係る調査は私自身も取り組みたいと思っています.いずれ,検討会の中で何らかの公表ができると思います.

|

2012年2月 4日 (土)

静岡県市町村風水害危機管理演習に参加して考えたこと

昨日2月3日,静岡県が主催した市町村風水害危機管理演習(図上訓練)に「評価者」として参加してきました.訓練の現場で考えたことのメモをまとめました.

http://togetter.com/li/252148

|

2011年12月 5日 (月)

袋井市避難訓練と「命山」

昨日12月4日は静岡県の地域防災の日でした.津波対策でお世話になっている,袋井市の防災訓練に行ってきました.

平成23年度袋井市地域防災訓練のお知らせ http://goo.gl/zwVV6

袋井市内各地で各種訓練が行われましたが,まずは市南部にある浅羽南小学校を見せていただきました.浅羽南小学校に避難する人達 http://photozou.jp/photo/show/782121/11167

袋井市の訓練は今年4回目。今回は大人数の人員か確認が主目的とのことです.地区ごとにそれぞれやりやすい方法で確認が行われていました. http://photozou.jp/photo/show/782121/111676249

浅羽南小学校で外階段を使った3階への避難の訓練をする人々.この小学校では,屋上へ上がれる外階段を,今年度中に整備するそうで,この「訓練」は完成後ををイメージしてのものです. http://t.co/djnqIDCg

浅羽南小学校の後,市役所浅羽支所の災害対策本部現地支所,原野谷川スポーツ公園でおこなわれた合同訓練,市役所の災害対策本部をそれぞれ見せていただきました.

私は「防災訓練」や「災害対策本部の運営」といったテーマについては専門的知見を持たないので,素人的な感想ですが,目的に応じた「訓練」,あるいは「訓練」を通じての問題点確認が重要だなと思いました.訓練すれば被害が減る,などという単純楽天的なものではないでしょう.

防災訓練を見学した後,袋井市浅羽地区にある「命山」をみてきました.これは,大野地区にある大野命山。高潮からの避難場所として江戸時代に作られた人工の山です. http://photozou.jp/photo/show/782121/111698404

他の写真と位置図を整理しました. http://goo.gl/QOs7u

「命山」についての簡単な解説→ http://goo.gl/NBqey 津波を念頭に置いたものではなく,高潮に備えた構造物です.「命山」は津波対策の構造物ではありませんが,この存在がヒントとなって,現在袋井市では津波対策のための人工的な高台の構築が具体化しつつあります.「避難タワー」に比べ,費用がかからない,多くの人を収容しやすい,講演などとして日常利用ができるなどのメリットもあり,注目されます.

中日新聞:袋井市が「命山」とタワー整備 12年度中に沿岸部の津波対策:静岡(CHUNICHI Web)
http://goo.gl/xugCe

|

2011年7月11日 (月)

災害情報としての「標高」の重要性と電子地図のあやふやさ

その場所の標高を看板などで示すことは防災上有効だと思われますが,標高情報の精度や,「色」が安心情報になってしまうといった問題がありそうです.

twitter上での議論ですので,togetterでまとめました.

http://togetter.com/li/159429

|

2010年2月10日 (水)

指導学生が岩手県立大学長特別賞を受賞

2月9日,平成21年度岩手県立大学学長特別賞の授与式が行われ,昨年度から継続して指導を行ってきた,4年生の太田好乃さんが学長特別賞を授与されました.

受賞理由は,下記の論文が,査読論文として受理,掲載されたことによるものです.

太田好乃・牛山素行,2009:地域特性と学校防災教育の関係について,自然災害科学(日本自然災害学会誌),Vol.28,No.3.
太田好乃・牛山素行・吉田亜里紗,2009:地形認知と津波リスク認知の関係について,災害情報(日本災害情報学会誌),No.7,pp.101-110.

学部学生が全国規模の学会誌に査読論部を投稿し,受理されるのは極めて異例のことです.まだ査読中でありますが,このほかに1点の査読論文も投稿しています.太田さんは,私が静岡大学に異動後も引き続き指導していましたが,不自由な環境の中で,優れた成果を上げてくれました.太田さんの受賞に心よりお祝いを申し上げたいと思います.また,当方の調査研究活動にご協力いただいた関係者,関係機関の皆様に,あらためてお礼を申し上げたいと思います.

| | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

大雨災害における避難のあり方等検討委員会

内閣府主催の「大雨災害における避難のあり方等検討委員会」の第3回委員会が2月9日に行われ,出席してきました.

今回の委員会では,兵庫県佐用町などでの現地調査の報告を筆者が行いました.下記に配付資料や議事要旨が掲載されています.

http://www.bousai.go.jp/3oukyutaisaku/kentoukai/kentoukai3.html

| | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

水災害監視・予測勉強会

国土交通省主催の「水災害監視・予測勉強会」が12月17日に行われ,委員として出席してきました.

「勉強会」とありますが,研究会的なものと言うよりは,いわゆる「委員会」に近いものです.特に河川災害に関わる各種情報として,どのような情報が提供できるか,といった内容が主体となっています.年度内にあと2回が予定されています.

| | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

大雨災害における避難のあり方等検討委員会

内閣府主催の「大雨災害における避難のあり方等検討委員会」の第2回委員会が12月14日に行われ,出席してきました.

http://www.bousai.go.jp/3oukyutaisaku/kentoukai/kentoukai2.html

に議事要旨が載っています.

| | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

大雨災害における避難のあり方等検討会

このほど,内閣府の主催により, 「大雨災害における避難のあり方等検討会」が発足しました.

http://www.bousai.go.jp/oshirase/h21/091023kisya.pdf

牛山は,同検討会の委員を仰せつかり,10月26日に第一回の検討会が行われ,出席しました.討議の内容は後日議事録として公表されるとのことですので本稿では紹介を控えます.今後どのような議論がなされるのか,強い関心を抱いています.

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧